西武園「ゴジラ・ザ・ライド」感想 ソアリンと似てるっちゃ似てるけども

どーも、スルメです。

というわけで、リニューアルオープンした西武園ゆうえんちに行ってまいりました!

リニューアルに伴って、昭和の街並みが再現されていたり、園内の共通通貨が導入されたりと、いろいろ進化しているのですが……

今回の目的は『ゴジラ・ザ・ライド』のみ!!

もちろん、ひとりぼっちでの来園となりましたw 周り家族連れが多かったから、ディズニーやUSJ以上にアウェーな気分を味わったかも。

まぁ、僕はおひとり様慣れしているんで、全然大丈夫ですが。

そんな感じで、アトラクション&テーマパーク好きな僕が、『ゴジラ・ザ・ライド』の感想を書いていきたいと思います!

 

この記事は『ゴジラ・ザ・ライド』のストーリー・一部の演出に関するネタバレがあります。
まだ乗っていない方、ネタバレを気にする方はご注意ください。

ゴジラ・ザ・ライド

『ゴジラ・ザ・ライド』ってどんなアトラクション?

ストーリー

舞台となるのは、昭和の街の片隅にたたずんでいる、映画館。

ここを訪れたゲストたちは、突如キングギドラに襲われ、映画館を脱出することに。

自衛隊が用意した、特殊装甲車に乗り込み、脱出することに成功するのですが、東京の街はキングギドラの襲来により、火の海に包まれていて……。

 

といった、ストーリー。

特に映画と関係あるわけではないようですが、過去にゴジラが襲来した経験があることから、時代設定的には50年代後半から60年代くらいなのかな?

自衛隊の方の説明の中に、芹沢博士の名前も登場しました。この辺はゴジラファンにとっては、嬉しいポイントですかね。

僕はゴジラファンってほどじゃない。映画何本か観ている程度の、本当に不勉強な人間でして。

アトラクションシステム

日本国内で似ているアトラクションといえば、東京ディズニーシーの『ソアリン』と、富士急ハイランドの『富士飛行社』。

足が宙ぶらりんになって、スクリーンとライドの動きがリンクし、ゴジラとキングギドラの戦いに巻きこまれていきます。

いわゆる「フライトシミュレータータイプ」ってやつですね。

スクリーンはオムニマックスかどうかは判別できませんでしたが、『ソアリン』と似たようなものだと思っていただければ。

演出的には、ミストが多め。そして風もビュンビュン吹いているんで、めっちゃ寒いですw

『ソアリン』に搭載されていた”匂い”に関しては、マスクの関係もあって、あったのかどうかすら不明でした。

『ゴジラ・ザ・ライド』は酔う?

酔いに関しては、完全に個人の感想です。

……普通に酔いましたw

もちろん、乗り物酔いしにくい方が乗った場合は全然大丈夫でしょう。

僕は『ソアリン』は酔わない、『スターツアーズ』は少し酔う程度の人間です。USJなら『スパイダーマン』はそんなに酔わないけど、『ハリーポッター』は少し酔うって感じかな。

僕の中では上の4つのアトラクションの中で、もっとも酔ったアトラクションが『ゴジラ・ザ・ライド』だったと思う。

何度も書きますが、個人の感想です。
人によって「これは酔うけど、こっちは酔わない」ってこともあるんで、乗らないことにはどうにも……。

ただ、ライド開始前に、スタッフの方から

「怖かったり、酔ったりしたら、目をふさいでくださいね~」

と謎の支持がw 乗り物酔いしやすい方はご注意を。

『ゴジラ・ザ・ライド』の正直な感想

※あくまでも個人の感想です。気になる方は実際に体験してみてください。

 

アトラクションの動き

行く前にネットの評判を観ていたのですが、

「USJにあるアトラクションみたい!」

って声が多かった印象。「USJ=アトラクションのクオリティが高い」ってことで、たぶん誉め言葉なんだと思います。

僕としては、どちらかといえばUSJよりも、富士急ハイランドかなって。

それくらい容赦の動き! 『ソアリン』と同じシステムとは思えないぜっ! 上下左右にぐわんぐわん揺れて、シートベルトが腹の肉にめっちゃ食い込むw

かなりお子様も乗っていたのですが、大丈夫かな?って心配になるくらい激しい。

ただ『ソアリン』自体、20年くらい前からあるアトラクションなんで、ライドシステムの斬新さは感じられず。たぶん一度でも『ソアリン』乗ったことあれば、「あ、これ見たことあるヤツだ」って思うんじゃないですかね。

そこに想像以上のものがあるかどうかは、人それぞれ。僕はいろんな意味で想像を超えたものがあったと思います。

しかしながら、酔うのがネック。「酔ってもいいからもう1回乗りたい!」と思うことはありませんでした。

映像

映画監督でもある山崎貴さんが制作しているのですが、これはもう感動もの。

特にゴジラが出てくるタイミングと、粉塵の中から登場する演出。しかも、ライドが浮いているから、それを少し上の俯瞰視点から観るわけですよ!

これ、僕でも感動したのに、ゴジラファンだったらどうなっちゃうんだ?ってレベル。

そこに例のテーマも流れまして、鳥肌が立つくらい感動しましたw

僕としてはアトラクションの激しさよりも、ゴジラの戦いを近距離で観られることに魅力を感じるわけですが。そこをジッと観察させてくれないのが、『ゴジラ・ザ・ライド』。

キングギドラも普段映画で観ているから、実際の大きさを体感したことがなかったけど、まぁデカいよねw

足が目の前に迫ってきたときなんか、ついつい身体をのけぞらせちゃったからさ。臨場感はとにかく凄かった。

プレショー

アトラクション乗車前には、プレショーがあります。

最近は『美女と野獣 魔法のものがたり』のプレショーがスゲェ!って記事を書きましたが、『ゴジラ・ザ・ライド』も小規模ながら、アトラクションへのワクワク感を加速させてくれました。

乗った方は感じると思いますが、とにかく大塚明夫さんのナレーションね。お声が流れた瞬間、場がざわついた感がありましたわ(僕の勘違いかも)

あと、自衛隊の方が緊迫感を出してくれて、地鳴りだけで若干びっくりする。ただ、後ろ振り返ると、おそらく劇場側の方が何食わぬ顔で立ってて、ちょっとシュールだったり。

うーん、いろんな意味で記憶に残るプレショーでしたわ。詳細はぜひアトラクションへ!

最後にどうしてもツッコミたい

「そんなん気にすんなよ」って言われそうですが、これだけは書いておきたい!!

 

なんで俺たちむき出しなの??

 

西武園ゆうえんち

ちょっとこのポスターを見てもらいたいのですが、僕たちが乗る車は、「特殊装甲車」って設定なんですよ。

でも、ライドは完全に足宙ぶらりんの「ソアリン」だし、車に乗っている感はゼロ。しかも、僕らが乗っている場所が、なぜか車外w

いや、がれきとか飛んで来たら危ないやんけ!! 車内に入れて、ちゃんと守ってくれよ!!

この世界の自衛隊の方は、たぶん僕たちを安全に脱出させる気ないですわ。

 

……そんなこと言うべきじゃないですね。

あくまでもアトラクションを楽しむものであって、設定上の安全性は二の次。

瓦礫に当たらなくてよかった

最後に

そんな感じで若干の疑問を持ちながらも、しっかりアトラクションは楽しませていただきました。

ゴジラが好きな人は行ったら感動間違いなし!お子様が喜ぶかどうかは、わかりませんけれども。

 

しかし!滞在時間はなんと50分!!

……ひとりで来てるからね。ひとつのアトラクションだけ乗って帰るって、僕もはじめてかも。そしてリニューアル以来、たぶん僕が最短滞在時間だったでしょう。

 

ちなみに昭和の街並みを再現したエリアは……。斬新さはないよね。なんかフラッシュモブ的な感じで、ショーが開催されるみたいだけど、僕はアトラクション派だしなぁ。

僕の地元の資料館にも、「昭和ゾーン」みたいなのがあって、ちゃっちいけど雰囲気は同じくらい。昭和の街並み再現なんて、いっぱいあるし。

僕的には地面がコンクリートではなく、砂利道になっているのだけが好きでしたわ~。僕のイメージだと昭和の道って、赤土なんですけどね。

 

以上!!!

 

アイキャッチ画像 Copyright ©SEIBU Railway Co.,LTD. All Rights Reserved.

ゴジラ映画をお得に観るなら

ゴジラ映画を無料で観るならU-NEXTがオススメ。

登録が初めての方なら31日間のお試し期間が付くため、その間は映画もアニメもドラマも全部無料です。

しかも初登録時にはタダで600円分のポイントが貰えるので、ほとんどの新作映画も1本無料で観られます。

1か月以内に解約すれば料金は発生しません

【U-NEXT】を1から10まで無料で使うための基礎知識を教えます

ゴジラ映画のラインナップ

  • 初代ゴジラ
  • シンゴジラ
  • ゴジラVSキングコング
  • ゴジラ FINAL WARS
  • ゴジラVSキングギドラ

などが配信されています。ここに挙げたのは有料作品ではなく、見放題になります。

 

・詳しいラインナップは以下の公式ページを確認してください

U-NEXT

 

↓31日間無料&600円分のポイントが貰えます↓


 

新作映画はU-NEXTで無料視聴


U-NEXT登録で新作映画が無料に
映画やドラマ、アニメなど膨大な作品数を誇るU-NEXT。初めての登録なら31日間無料で使えて、新作映画で使える600円分のポイントがもらえます。無料期間内に解約すれば利用料金はいっさい発生しません。当ブログではU-NEXTを無料で使い倒す情報を発信してます。登録・解約方法に関しては以下の記事を参考にしてください!