映画館で映画を安く観る方法総まとめ!安い日・会員・割引クーポンどれがお得なの?

どーも、映画ブロガーのスルメと申します。

私は映画好きとして、週に最低1回は映画館に行って映画を鑑賞します。

2021年は年間250本の映画を鑑賞し、そのうち70本以上は映画館で観ました。2回観た映画とかもあるので、実際はもっと映画館に足を運んでいます。

さて、映画1本1900円として、私はいくら映画館にお金を使ったでしょうか?

 

はい、13万3000円です

 

この金額を「高すぎる!」と思うか、「思ったより安くね?」と思うかはその人次第。趣味に使ったお金と考えれば、そこまで高くないと思うのですが、いかがでしょうか。

とはいえ、なんにもせず規定料金を払う私ではありません。

なにかしらのサービス、割引を使っておそらく半額に近い金額で鑑賞しています。

今回は私が普段使っている割引方法も含め、映画を安く観る方法をできる限り多くまとめてみました。

ぜひ、ご活用ください。

映画を安く観る方法

最初に一番安く映画を観る方法をビシッと発表いたします。

それは、ポイント制の映画館でポイントを使うことです

ポイントを導入しているほとんどの映画館は「6本観れば1本無料!」の場合が多いので、事前に6回映画を観ておけば、無料で鑑賞できます。

しかし、それだと年会費が発生したり、時間がかかり過ぎたりと、この記事のテーマには合いません。あくまでも、「たくさん映画を観る人向け」だと思います。

 

ポイント以外で映画を安く観る方法は、主に3つに分けられます。

  • 安い日・安い時間帯に観る
  • 前売り券(ムビチケ)を購入する
  • お得なサービスを利用する

それぞれ細かく解説していきます。

安い日に映画を観る

多くの映画館はなにかしらのサービスデイが用意されています

女性だけが安くなるレディースデイ(最近はほぼない)や、映画の日などは多くの映画館が導入していますし、20時以降の上映に該当するレイトショーなどは通常の鑑賞料金よりもお得です。

また、映画館の会員になることで、ポイントが貯められるほか、会員限定のサービスデイがあったりもします。

ここでは大手シネマコンプレックス5社のサービスデイをまとめていきましょう。

※この記事では大人料金を基準にしています
※2022年1月時点の情報を基にしており、実際の料金とは異なる場合がございます

ユナイテッドシネマ

サービス名料金割引金額
通常料金1900円
レイトショー1400円500円割引
会員デー(毎週金曜日)1100円800円割引
水曜サービスデイ(男女OK)1200円700円割引
ファーストデー(毎月1日)1200円700円割引
映画の日(12月1日)1000円900円割引

都会や地方関わらず、どこにでもある映画館のイメージ。

会員料金は年間500円ですが、金曜日に会員登録をすれば当日から800円割引になります。

6ポイントで1本無料になるため、会員になっておけば、お得に利用できる映画館といえますね。

※ユナイテッドシネマ水戸の料金です

TOHOシネマズ

サービス名料金割引金額
通常料金1900円
TOHOウェンズデイ(毎週水曜日)1200円700円割引
シネマイレージデイ(毎週火曜日)※会員のみ1200円700円割引
ファーストデイ1200円700円割引
映画の日(12月1日)1000円900円割引
レイトショー1400円500円割引

ユナイテッドシネマよりも都会を中心に展開しているイメージ。

マイレージポイントを貯めればフードやドリンクと交換できたり、特定の日が安くなったりと、たくさん観る人ならお得です。

ただ、一部の劇場ではレイトショーは実施していません。

※TOHOシネマズ おいらせ下田の情報です

イオンシネマ

サービス名料金割引金額
通常料金1800円
ハッピーファースト(毎月1日)1100円700円割引
映画の日(12月1日)1000円800円割引
ハッピーマンデー(毎週月曜日)1100円700円割引
ハッピーナイト(レイトショー)1300円500円割引
ハッピーモーニング(平日10時までの上映)1300円500円割引

でっかいイオンには大体入っていて、駐車場も完備している便利なイメージ。

通常料金が他の劇場より安いうえに、安い日・時間が多いです。

以上の料金の他にもイオンカードでの割引や、会員専用の割引などがあります。

※イオンシネマ 板橋の情報です

109シネマズ

サービス名料金割引金額
通常料金1900円
ペアマンデイ(毎週月曜、二人での利用)2800円(一人あたり1400円)500円割引(一人あたり)
メンバーズデイ(毎週火曜日)1200円700円割引
109シネマズデイ(毎週水曜日)1200円700円割引
ファーストデイ(毎月1日)1200円700円割引

東京以外の地方に多いイメージ。

こちらにも会員特典がありますが、年会費1000円(現金のみ)と割高ですね。

※109シネマズ 二子玉川の情報です

T・ジョイ

サービス名料金割引金額
通常料金1900円
レイトショー1400円500円割引
水曜サービスデー1200円700円割引
KINEZO会員デー(毎週火・木)1300円600円割引
ファーストデイ1200円700円割引
映画の日(12月1日)1000円900円割引

「え、ここTジョイ系列なの?」と思うことが多いイメージ。

Tジョイの名がついていなくとも、系列である場合があります。

劇場一覧

※Tジョイ プリンス品川の情報です

ムビチケを購入する

ムビチケとは、昔で言う前売り券のことですね。

映画公開日よりも前に購入しておけば、最低400円くらいは割引されます。

しかし、その場合だと1500円の鑑賞となるので、映画館のサービスデイを利用した方が安かったり……。

私は「どうしても公開日に観たい!けどサービスデイじゃない!」という時の最終手段として利用します。

ムビチケ当日券

ムビチケには当日券の販売もあります。

しかし、普通に通常料金なので、正直劇場でチケットを買うのと何が違うのか不明です。

一応ムビチケ独自のポイントが追加されますが、100円で1ポイントなので、19円しか得しません。

これを買うなら、劇場のオンライン予約をした方がマシな気がするのは私だけでしょうか。

サービスを利用する

利用しているサービスの特典として、映画が安く利用できる場合があります。

この記事では主要な2つのサービスを紹介していきます。

au スマートパスプレミアム



au スマートパスプレミアムは、月額499円(税抜)で映画・音楽・書籍が読み放題、見放題になるサブスクです。

他にも様々な特典がありますが、映画館で利用できるのは以下の3つ。

  • auシネマ割…ユナイテッドシネマで毎日1400円で映画が観られる
  • 500円鑑賞クーポン…ユナイテッドシネマで1本だけ500円で観られる
  • auマンデイ…TOHOシネマズで毎週月曜1100円で観られる

au以外のキャリアの人(ドコモ・ソフトバンク)でも加入できるので、映画を頻繁に観るならおすすめです。

詳しくは以下のサイトをチェックしてください。

 

U-NEXT

日本最大級の見放題サービスとして有名なU-NEXTでは、毎月もらえるポイントがそのまま映画館で使用できます。

映画鑑賞前に劇場に対応した「映画館クーポン」に引き換える必要がありますが、U-NEXTポイントを使えばかなりお得です。

すでに登録済みの方は以下のサイトからチェックしてみてください。

映画館クーポン

ただ、新規に登録してお得といえるかというと微妙なところです。

U-NEXTは月額2400円ですし、映画鑑賞のために登録するのはもったいないような気がします。

なので、すでに登録済みで、「ポイント余っててどうしよう…」という人にオススメする方法です。

最後に

私は仕事上、紹介した映画館の会員になっているので、基本は会員料金で鑑賞しています。

特に利用することが多いのは、ユナイテッドシネマですかね。
映画の公開日である金曜日がサービスデイなので、公開初日から1100円で鑑賞できて便利です。

私が知らないだけで、他にももっとお得に観る方法があるかもしれませんが……。

とにかく本記事では私の知っている全情報をまとめました。ご参考いただければ嬉しいです。

 

以上。


 

新作映画はU-NEXTで無料視聴


U-NEXT登録で新作映画が無料に
映画やドラマ、アニメなど膨大な作品数を誇るU-NEXT。初めての登録なら31日間無料で使えて、新作映画で使える600円分のポイントがもらえます。無料期間内に解約すれば利用料金はいっさい発生しません。当ブログではU-NEXTを無料で使い倒す情報を発信してます。登録・解約方法に関しては以下の記事を参考にしてください!