【映画レビュー】『スリー・ビルボード』ネタバレ感想 

アカデミー賞作品賞にもノミネートされている映画

『スリー・ビルボード』

観てきました!!

今回のノミネート作品の中ではノーマークだった作品の一つだったのですが、主演女優賞や助演男優賞、脚本賞など多くの部門でノミネートを受けている作品です。

ネットを見てみると「作品賞大本命!」という文字が躍っていて、賞レースに絡んでくることは間違いないのではないでしょうか!

ネタバレがあるので、気にされる方はご遠慮ください!


<スポンサーリンク>

『スリー・ビルボード』のあらすじ

アメリカ・ミズーリ州の田舎町で10代の女性が暴行され殺害される。

警察は捜査に乗り出すのだが、手掛かりがほとんどなく捜査は行き詰り、時間だけが過ぎてしまう。

事件から7か月後。被害者の母・ミルドレッド(フランシス・マクドーマンド)は動かない警察への怒りから署長のウェロビー(ウッディ・ハレルソン)と警察を批判する3枚の看板広告(ビルボード)を出す。

ミルドレッドが作った広告は物議を醸し出し、メディア・住民・警察を巻き込んだ騒動に発展する。

名指しの批判に怒る警察はミルドレッドに看板を下ろさせるため、様々な脅しを行うがミルドレッドは脅しに屈しず徹底して看板を守り続けた。

そんなある日、看板が燃やされるという事件が起こる。

警察の仕業と考えたミルドレッドは復讐するため警察署に火炎瓶を投げこむのだが…。

『スリー・ビルボード』に出演しているキャストは?

フランシス・マクドーマンド

主な出演作:『ペティグルーさんの運命の1日』、『ヘイル、シーザー!』、『ムーンライズ・キングダム』

ウッディ・ハレルソン

主な出演作:『ナチュラル・ボーン・キラーズ』、『ゾンビランド』、『グランド・イリュージョン』

サム・ロックウェル

主な出演作:『ディア・ブラザー』、『転落の銃弾』、『ピンチ・シッター』

アビー・コーニッシュ

 主な出演作:『ジオストーム』、『エンジェルウォーズ』、『リミットレス』

など。

フランシス・マクドーマンドは主演女優賞、ウッディ・ハレルソンとサム・ロックウェルは助演男優賞にノミネートされています!

感想(キャスト編)

とにかく、ミルドレッドがカッコいい!!

娘の事件を解決するため、どんな圧力・脅しを受けても動じない。そんな彼女に惚れました(笑)

何をしでかすかわからない、ちょっと危うい感じのする彼女を演じたフランシス・マクドーマンドの演技はまさに主演女優賞に値するレベルです!

そこにいるだけで確固たる存在感を放っている彼女には完全に「ミルドレッド」が乗り移っていました。

そしてマザコンで人種差別主義者の警官・ディクソンもいい味出しています。

前半はミルドレッドの出す広告を脅迫してでも止めようとする、悪役とも思える暴力警官ですが、後半に向けてイメージが逆転しミルドレッドの協力な味方となっていくのです。

なんで悪役からの味方っていうキャラクターはこんなにも魅力的なんでしょうね。

『ドラゴンボール』のベジータとか、『クロノトリガー』の魔王とか、『パイレーツ・オブ・カリビアン』のバルボッサとかいわゆる「光落ち」するキャラはやっぱり印象に残りますし、好感が持てますよね。

ディクソンもそんな感じで、ミルドレッドの広告を出した責任者を窓から落としたりとキレたら何をするかわからないけど、最後には身を挺して事件の解決に尽力する。

そんな彼が私は好きです!

全体的にドラマともサスペンスともブラックコメディーともとれる作風なだけに、ディクソンのキャラクターは良いアクセントとなっています。

ウッディ・ハレルソンの演技も良かったけどやっぱこの2人のイメージが強いかな。


<スポンサーリンク>

感想(ストーリー)

序盤から引き込まれるストーリーで、ミルドレッドが怠慢な警察相手に復讐をしていくのが痛快でした。

しかし、ウェロビーの突然の自殺で物語は一変。とたんにシリアスになっていき、警察署の放火へと続きます。

後半はウェロビーの手紙を読んで「善玉」になるため尽力するディクソンと、家族との確執が浮き彫りになっていくミルドレッドが描かれより深みを増すストーリーに。

そして訪れる突然の終わり。これには少々驚きましたがこれはそういう映画なのでしょう。

もしこれが日本のドラマならミルドレッドが自分で娘の死の真相を捜査し、警察を仲間につけて事件は解決!ハッピーエンド!って感じになりそうですが、この映画は事件を解決させるミステリーではなく「未解決事件」「3つの看板(スリー・ビルボード)」を巡って起こる人間ドラマです。

なのでこの映画に「事件の解決」は必要なく、「事件」によって起こった母親の心情や警察の在り方、映画にもあるように「怒りは怒りを来す」という言葉の真意、など様々な問題を私たちに投げかけているように思えました。

映画が終わった後、ディクソンとミルドレッドは疑惑の人物に何をしたのでしょうか。

銃で脅し犯行のすべてを自白したのかもしれないし、もしかしたらミルドレッドなりの犯罪者への「復讐」をしてしまったのかもしれません。

こうして考察する余地を与える終わり方なのもまた良いのかもしれないですね。

とにかくこの映画は人間の汚さとか醜さ、復讐や怒りの無意味さとそれを必要としている人たちを描いた人間ドラマなのです。

まとめ

アカデミーはこういう映画好きそう。

去年『ラ・ラ・ランド』じゃなくて『ムーンライト』が選ばれたのはメッセージ性の強さとかが起因しているのかなと思います。

まぁハリウッドを称賛するような映画も好きらしいから『ラ・ラ・ランド』が選ばれても良かったんだけど、『スリー・ビルボード』が作品賞を受賞する可能性が大きいのは間違いないでしょう。

【関連記事】

【映画レビュー】映画『デトロイト』を観てきた結果!

『勝手にふるえてろ』が想像以上だった!

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

90年代生まれ。最近フリーランスを始めたばかりの映画フリーク。 映画鑑賞が好きな人も、そうでない人も楽しめる文章を心掛けて執筆中。 お仕事のご依頼はお問い合わせフォームまでお願いします。