Netflix映画『ザ・バブル』評価と感想(ネタバレ) リアルタイムで観れば悪くない

スルメ
どーも、スルメです

今回はNetflixで配信が始まった『ザ・バブル』について書いていきます。

この映画は、コロナ禍での映画撮影を描いている作品です。

14日間の隔離からスタートし、グダグダすぎる撮影風景を映し出していくと。

しかも、劇中劇はB級映画!こりゃなかなか面白そうだぞ……!

コロナに悩まされている今だからこそ、観るべき映画だ!たぶん!

ってことで、感想を書いていきます。今回は短めです。

 

アニメ映画『バブル』の感想はこちら

関連記事

スルメどーも、スルメです今回はNetflixで配信された『バブル』の感想です。この映画には『デスノート』の小畑健、『まどマギ』の虚淵玄、『進撃の巨人』の荒木哲郎と、とんでもないクリエイターたちが集結しています[…]

 

ザ・バブル

あらすじ

こっそり抜け出したり、熱い夜を過ごしたり、正気を失ったり…。ホテルで隔離生活を送るアクション映画のキャストとクルーが、続編を完成させるべく奮闘する。

Netflix

作品解説

今作の監督を務めているのは、『40歳の童貞男』のジャド・アパトー

プロデューサーとしても活躍しているのですが、手掛けている作品は大体コメディ映画ですね。しかも、人を選ぶ作品が多い印象。

今作では『サウスパーク(映画版)』のパム・ブラディと組んで、脚本も兼任しております。

 

キャストの方を紹介していくと、

主演が『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のネビュラ役でおなじみ、カレン・ギラン。近年では『ジュマンジ』シリーズや、『ガンパウダー・ミルクシェイク』に出演しておりました。

また、『マンダロリアン』のペドロ・パスカル、『ザ・プロム』のキーガン=マイケル・キー、『ゲームオーバー!』のフレッド・アーミセンなどが出演しています。

ご覧の通り、超豪華な面々が揃っているんですが、カメオ出演している人たちも強者ぞろい。後半の方で書いていくので、ここでは割愛しますが。

『ザ・バブル』評価

ストーリー★★☆☆☆ 2/5
キャスト★★★★★ 5/5
演出★★☆☆☆ 2/5
映像★★★☆☆ 3/5

総合評価 ★ 5/10

 

「思ったより悪くはない!」


この映画、海外では割と酷評されています(笑)

けれども、僕の中では「リアルタイムで観れば面白い映画かな」と。

僕らが普段観ることができない、映画製作の苦労を伝えている点においては、もっと評価されていいんじゃないでしょうか。

ただ、「リアルタイムで観れば」ってところが重要。

たぶんコロナが終息し、普通の生活に戻ったときに観たら「なんじゃこりゃ」って言われる映画ですね(笑)

そこに全力をかけてきたジャド・アパトーの覚悟は、素直に評価したいところ。

 

※ここからネタバレが含まれます

 

『ザ・バブル』感想

映画製作の辛さ

僕は大手の映画製作に深く携わったことはないですが、現在は特に厳しい状況ですよね。

日本の情報はあまり入ってこないんだけど、アメリカでは俳優組合が明確なコロナ対策のルールを設けて、資金がめっちゃかかるらしい。そのせいもあってか、インディペンデント作家たちが苦境に立たされているようで。

ただでさえ高い製作費が、コロナのせいでさらに高くなる。ただでさえ大変な映画製作が、コロナのせいで余計に労力を使わなきゃならない。

コロナは映画製作にとっては害しかないわけですよ。もちろん映画ファンにとっても、誰にとってもですが。

 

そんな状況を踏まえて、本作を鑑賞するとちょっとは面白さが増すのかな。

コロナ禍の中『崖のビースト6(タイトルくそダサい)』の制作がスタート。キャストたちは14日間ホテル内に隔離され、そこから撮影しなくちゃなりません。

平時ならば即スタートできるのが、14日間の強制隔離付き。この期間はキャストのスケジュール、ホテル、食事など、余計にお金がかかります。

でも、当然ながらキャストも人間です。同じ部屋にいては頭がおかしくなるだろうし、「外に遊びに行きたい!」と思うのが普通でしょう。これが平時に公開されていたら「我慢しろよw」とか思うかもしれませんが、自粛期間を乗り越えた僕たちなら、その辛さがわかるはず。

「やること秒速でなくなるよね」

おそらく、世界中の人が同じ体験をしているのではないでしょうか。

だからこそ、「今観なきゃ!」って映画なんですよね。

この笑いを不謹慎と感じる人も多いと思うけど、悲劇から喜劇を生むということは、いつの時代にもあります。成功か失敗かに関わらず、僕はこの時代に本作が生まれたことに意味があると思う。

 

……まぁ、いいところはこのくらいかな(笑)

映画自体は粗が多すぎるし、笑えるところはあってもストーリーは面白くない。そして、長い!!(←これが一番ダメ)

さらには劇中劇がつまらなさ過ぎる。「生殖器を撃て!」とか、突然下品な展開が入ってくるから、苦笑いすらできなくなるよね。『ドンキーコング64』の2面のボスみたいな恐竜もダサいし、ラストなんてもう……(笑)

これを言うと本末転倒だけど、普通にショートフィルムとかで満足できる題材でしたわ。

カメオ出演に関して

本作の楽しみのひとつに、スターたちのカメオ出演があります。

「君たち、なんで出たんだよ!」

とツッコみたくなるようなメンバーでして、もう登場だけで笑ってしまう。

 

一応僕が分かったところだけ、解説していくと、

ドラッグでラリったときの幻覚役として、ベネディクト・カンバーバッチ。少し前に流行った、“自分の顔に他人の顔を合成する”みたいな感じで登場します。

今年は『パワー・オブ・ザ・ドッグ』で主演男優賞にもノミネートされたのに(笑)

 

また、インストラクター(これも幻覚?)役で『スターウォーズ』続3部作のデイジー・リドリーが登場。なかなか際どいシーンでしたが、大丈夫だったのでしょうか?

さらには主人公・キャロルの元カレとして、ジェームズ・マカボイ(本人役)が登場します。一瞬だけど、確かな爪痕を残して退場していく、さすがの存在感。

そのほかにも『ザ・スーサイド・スクワッド』のジョン・シナ、歌手のベックなどが登場!

もう一度言うけど、

なんでこの映画に出たんだよ(笑)

 

こんな感じかな。僕が気がついていないだけで、もっとカメオ出演した人がいたのかも。

本作を鑑賞することがあれば、ぜひ探してみてください。

最後に

2度目を観ることはないと思いますが、コロナを題材にした映画はもっと増えてほしいね。

だって、マスクつけていることが普通になってるから、ノーマスクだと違和感しかないもん。特に現代を舞台にした作品は。

これが非常に難しいところですよね。俳優たちにマスクつけて演技させるわけにもいかないし、コロナをなかったことにするのは難しすぎる。

ちょうどいいところで折り合いをつけるのが、今後のエンタメ界の課題になっていく気がします。

 

以上。


【2022年版】映画ブロガーがオススメする本当に面白い映画101本

関連記事

このランキングでは洋画・邦画・アニメ・実写などなどジャンル問わず、私が本気でおすすめしたい映画のみを厳選しています。参考にしていただければ幸いです!!【追記】2021年公開作品を数作品追加し、2022年の最新版になっておりま[…]

 

2021年の公開映画レビュー

『やがて海へと届く』の感想はこちら

関連記事

スルメどーも、スルメです今回は彩瀬まるさんの著書を映画化した、『やがて海へと届く』の感想を書いていきます。この映画は親友を失った女性を主人公に、彼女の喪失感を描き出していく作品です。原作を読んだ時点か[…]

 

『モービウス』の感想はこちら

関連記事

スルメどーも、スルメです僕がはじめて『モービウス』の予告を観たのは、確か2020年の1月くらい。当時はまだマルチバースとかも導入される前でしたから、「なんでヴェノムの世界にヴァルチャーいるの!?」と驚いたもの[…]

新作映画はU-NEXTで無料視聴


U-NEXT登録で新作映画が無料に
映画やドラマ、アニメなど膨大な作品数を誇るU-NEXT。初めての登録なら31日間無料で使えて、新作映画で使える600円分のポイントがもらえます。無料期間内に解約すれば利用料金はいっさい発生しません。当ブログではU-NEXTを無料で使い倒す情報を発信してます。登録・解約方法に関しては以下の記事を参考にしてください!