【ネタバレ】『シェイプ・オブ・ウォータ―』感想 ラストシーンの意味とは!?

本年度アカデミー賞最多ノミネート作品の

『シェイプ・オブ・ウォーター』がついに公開になりました!

『パンズ・ラビリンス』『パシフィック・リム』ギレルモ・デル・トロ監督が手掛けた究極のファンタジー映画。その出来はどうだったのでしょうか!?

レビューを書いてみたいと思います!

詳しい映画の情報については過去記事から!↓

シェイプオブウォーターのキャスト・あらすじまとめ


<スポンサーリンク>

この映画の世界観

本作の舞台はソ連と冷戦下のアメリカです。

この時代はソ連と米国の間で大陸間弾道ミサイル技術を念頭に置いた宇宙開発競争が勃発しており、いかに自国が他国を出し抜けるかを競い合っていました。

そんな中、アメリカはアマゾンから水陸両用の呼吸法を会得している「半魚人」を捕獲していきます。

このやるかやられるかの世界で両国の思惑が「半魚人」を巻き込んでいくのです。

本作に漂う雰囲気は、「半魚人」が閉じ込められている研究室から、主人公・イライザが住むアパートまですべてが暗くて、どこか閉鎖的な印象

レトロフューチャーっぽさもあり、切なさとノスタルジックさが合わさったギレルモ・デル・トロ独特の世界観ですね!

彼の制作した作品の中では『パンズ・ラビリンス』に一番近いでしょうか?

ファンタジーとエロティックな恋愛、そして冷戦当時の状況を踏まえたストーリー展開。

そもすべてが調和して気持ち悪さとか、美しさとか、悲しさとか、艶めかしさとかが一度で全部味わえる世界感に仕上がっています!

「半魚人」とは何者なのか?

この映画の顔である「半魚人」

気持ち悪さを感じる魚独特の青と、鳴き声、エラ、水かきのついた手。

第一印象は吐き気がするほどの、気持ち悪さしかありませんでした(笑)

しかし、映画が進むにつれて「気持ち悪さ」とりも「美しさ」の方が上になる不思議な感覚。

彼は果たして何者なのでしょうか?

作中では腕の傷を治したり、薄毛を治したり、イライザに「エラ」を与えたりとまるで神様のような奇跡を起こし続けます。

神は自分の姿に似せて人間を創り、この世界を創造しました。

「神は私のような姿(白人)をしている」とストリックランドは語りますが、「半魚人」は人間以上に進化した生物であり、人知を超える力を持っています。

神というのは人間が作り出した概念ではあるんだけど、その「神」を体現したような生き物が「半魚人」なわけです。

そんな「半魚人」を演じたのは、ギレルモ・デル・トロ作品の常連俳優ダグ・ジョーンズ。

『パンズ・ラビリンス』でも『ヘルボーイ』でも異形の怪物を演じてきた彼だからこそ、あの気持ち悪さを醸し出せたんだと思います!

一番重要な役柄である「半魚人」役にキャスティングされるなんてデル・トロ監督にも信頼されている証拠ですね!

ちなみに「半魚人」の特徴的なキンキン声はデル・トロ監督本人が演じているようです。

<スポンサーリンク>

マイノリティーの人たちに向けたメッセージ

本作で一番の名場面はイライザが半魚人を逃がすために隣に住む画家・ジャイルズを説得するシーン。

半魚人を人間ではないと言うジャイルズに対し、イライザは

「私も言葉を話せないし、彼も言葉を話せない。彼と私で何が違うの?」

と問いかけます。

このセリフはこの映画のすべてを表しているといっても過言ではない名台詞ですね!

ここでは拒絶したジャイルズも後にゲイだということが判明し、自身もまたイライザや半魚人と同じマイノリティーの一人だと気づかされます。

ジャイルズの他にもイライザの同僚で黒人として差別を受けているゼルダや、手助けしてくれるロシア人スパイのホフステレルもマイノリティー側に立つ人間であり、典型的な差別主義者のストリックランドとは対立する立場です。

この映画は異形との恋愛を見せながらも、差別や偏見に対しての疑問を投げかけてくる映画ともいえるでしょう。

ラストの意味とは?

半魚人を研究所から逃がすことに成功したイライザたちは最終的に彼を海へと帰すことを決断します。

しかし、あと一歩のところでストリックランドに見つかり、イライザと半魚人は銃で撃たれることに。

半魚人は不思議な力で自身の傷を治し、ストリックランドの喉を切り裂き殺害。イライザとともに海の中へと消えていくのです。

海の中で半魚人がイライザにキスすると、イライザの首の傷が半魚人と同じようなエラに変わり二人は真の意味で一緒になったとのナレーションで幕を閉じます。

と、こんな感じのラストだったわけですが何故彼女の首にエラが付いたのか?

これは直前のシーンでイライザは別れの辛さのあまり「あなたと私は一緒ではない。」と魚人に言い放ってしまうんですね。

この言葉にはそもそも種族が違うから、半魚人は陸では暮らせないし私は海では暮らせないといった意味が込められていると思うのですが、これに対する半魚人の回答が「エラ」にあるのではないでしょうか。

人間が想像する「神」に等しい存在である半魚人は瀕死の状態の彼女を水中の世界へと誘う選択をしました。彼女に対する深い愛が伝わってきますね!


<スポンサーリンク>

実は水をほとんど使っていない??

この映画の最初のシーン。水に沈んだ部屋にイライザが浮かんでいて、印象的なナレーションが流れます。

水に沈んだ部屋にタイトルロールが流れてくる本作において大事なシーンなわけなんですが、実はこのシーンの撮影には全く水を使っていないらしいです!

ラストシーンの水の中で半魚人とイライザが抱き合う場面でも水を一切使用していません。

上から当たる照明や、ライトの色だけで水の中を表現しているみたいですね!

この話を聞かなければ、実際に水を入れて作ったんじゃないかってくらいリアリティーのある水中を表現していました!

パクリ疑惑のある理由は?

実はこの映画様々なところからパクリ疑惑が浮上しています。

参考にしたと公言している『大アマゾンの半魚人』は置いておいて、少なくとも2つの映画との類似点が指摘されています。

1つ目は『レット・ミー・ヒア・ユー・ウィスパー』という50年以上前に制作された作品です。

この映画は、ある特殊な研究所で働く清掃係がそこで実験体にされているイルカを逃がすというもの。

確かに生き物を逃がすという類似点はありますが、そもそも『シェイプ・オブ・ウォーター』は意思を持つ知的生物との愛を描いた作品であり、趣旨が全然違います

これにはギレルモ・デル・トロを始めとする制作側も激怒しているみたいですね。この件がアカデミー賞の選考に影響がないことを祈ります…。

もう1つはコチラのSF短編映画です。

観ればわかると思いますが、かなり似ていますね(笑)

事の真相は分かりませんが、2つ目に関しては似ていると言われてもおかしくはないかも…。

1つ目は人気が出たからお金目当てにたかっているとしか思えませんけど。

まとめ

総合的にみると確実に映画史に残る名作だということがわかると思います!

しかし、アカデミー賞作品賞に選ばれるかと言えば『スリー・ビルボード』の方が可能性高いんじゃないでしょうか?

『シェイプ・オブ・ウォーター』の方が私の好みではありますが、『スリー・ビルボード』もかなり良かったのでどちらが受賞してもうれしいです!


 

レビュー系関連記事

『レディ・プレイヤー1』感想 スピルバーグ最高傑作ってマジ!?

【レビュー】『勝手にふるえてろ』が予想外に最高だった!

【レビュー】『デトロイト』は残酷で悲惨な現実を描く人間ドラマ

映画『不能犯』を原作ファンにオススメできないワケ

突然公開された『クローバーフィールド/パラドックス』レビュー!

【ネタバレ】『空海/美しき王妃の謎』壮大な日中合作映画の評価は?


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でmovie_surumeをフォローしよう!

おすすめ記事

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

90年代生まれ。最近フリーランスを始めたばかりの映画フリーク。 映画鑑賞が好きな人も、そうでない人も楽しめる文章を心掛けて執筆中。 お仕事のご依頼はお問い合わせフォームまでお願いします。