映画『パラサイト 半地下の家族』ネタバレ感想 信じられる人との「つながり」がベスト

 

どーも、スルメ(@movie_surume)です。

 

2020年最初の映画は何にするか。年を越してしばらく悩んでいました。

結果的には『涼宮ハルヒの消失』となったのですが、それは自宅鑑賞での話。

劇場公開映画としてはポン・ジュノ監督『パラサイト 半地下の家族』が最初の1本目となりました!

 

私としてはあまり韓国映画観ないのですが、カンヌでパルムドールを獲得したならば観ない訳にはいきません!

しかも他の映画好きたちの中でもかなりの高評価。「デスストランディング」の小島秀夫監督まで2019年のベストに挙げるほどでしたからね……。

実は昨年から一部の地域では上映されていたようで、すでに鑑賞している人も多い。
私は諸事情で行けなかったけども。

 

前置きはこの辺にして、『パラサイト』のレビューに参ります!

 

※この記事はネタバレを含みます!

映画をお得に観るなら

U-NEXT では映画やアニメ、ドラマなど多数の作品を配信しています!

登録が初めての方なら31日間のお試し期間が付くので、レンタルするよりもお得に観ることができるのです。

『パラサイト』を監督したポン・ジュノの映画は

・殺人の追憶

・スノーピアサー

などがラインナップされています。

 

↓初めてのご登録は以下のリンクより↓

U-NEXT

 

↓映画ブロガーの私が使っているVOD比較↓

[kanren postid=”3153,x”]

パラサイト 半地下の家族

あらすじ

キム一家は家族全員が失業中で、その日暮らしの貧しい生活を送っていた。そんなある日、長男ギウがIT企業のCEOであるパク氏の豪邸へ家庭教師の面接を受けに行くことに。そして妹ギジョンも、兄に続いて豪邸に足を踏み入れる。正反対の2つの家族の出会いは、想像を超える悲喜劇へと猛スピードで加速していく……。

映画.com

監督

メガホンを取ったのは『殺人の追憶』ポン・ジュノ監督

『パラサイト』は韓国映画初のパルムドールを受賞し、世界各国でもヒットしている模様。さすが韓国を代表する映画監督!

ただ私はそんなに監督作品を観たことがなくて、『パラサイト』『オクジャ』くらい。

結果的にどっちも好きだったから他のも観なきゃなと。エンターテインメントの中に社会風刺を盛り込む監督ですかね。

 

評価

僭越ながら『パラサイト 半地下の家族』の満足度を★10段階で表すと・・・・・・

 

★8

スルメの評価一覧

 

2020年ベストに食い込む映画で間違いない

一応去年から日本公開はしているからな~。これをベストに入れて良いのかは年末に悩むんだろうけど、それくらいドンピシャにハマる映画でした!

韓国映画が今めっちゃ勢いあるのは知ってた。去年も『バーニング 劇場版』とか話題になっていたしね。

その中でも本作はダントツで面白いし、映画作りの上手さを感じる作品だったんですよ。

正直あらすじだけ説明するとイマイチ魅力を感じてもらえないかもしれない。でも、この映画の楽しむべき部分は巧みに構成された画面作りにある。

そして前半と後半で異なる印象を持つように設計されたストーリーテリングも注目したい!

 

しかしながら「ラストに驚愕!」的なプロモーションをされていることに疑問を感じます。

「俺は驚かなかったぜ~!!」とかドヤりたいわけじゃなくて、正直その手の「どんでん返し」映画とは一線を画す作品であると思う。

いや、どんでん返し大好きだけどねw でも『パラサイト』をその辺のジャンルに分けてしまうのは違和感が残るよね。

やっぱり「どんでん返し」的な宣伝が一番売れるのか?多くの人に観てもらいたい気持ちは一緒だけども……。

 

ここから先は『パラサイト』のネタバレを含みます!

まだご覧になっていない方はご注意を!!

感想(ネタバレ)

 

信頼できるつながり

貧相な「半地下」の家で生活しているキム一家と、豪邸で暮らしているパクの家族。両家とも4人家族で家族構成もほとんど同じ。

けれども生活水準は全然違って、キム家は便所コオロギが出て食事も質素。旅先でいろいろ汚い宿に泊まってきた私でも「半地下」だけは勘弁してくださいと懇願するほどのレベルですw

対してパク一家はデザイン性の高い一軒家に住み、家長であるパクは大企業の社長。もちろん妻も心優しいセレブで家政婦まで雇っています。

 

で、この生活をなんとかするためキム家の長男ギウは家庭教師としてパクの家にもぐりこむというワケ。

そしてタイトルである「パラサイト(寄生虫)」を思わせる行動に出始めます。

家庭教師として信頼を勝ち取ったギウは、パク家の長男ダソンの美術教師として実の妹であるギジョンを紹介。ギジョンはパクの専属運転手に罠を仕掛け、新しい運転手に父・キテクを紹介。キテクは新しい家政婦に妻のチョンソクを紹介。

そうして徐々にキム一家はパクの家に「寄生」していくのです。もちろん他人のフリで。

 

裏で貧乏一家による悪巧みが起きていることも知らず、パクの妻ヨンキョはこんなことを話します。

「信じられる人との繋がりがベストね……」

いや、これ欧米なら皆大爆笑してるんじゃね!?ってくらい滑稽なシーンなのですが、私の観た劇場では「しーん・・・」と妙な静けさが。

なんかみんな笑っていないところで一人だけ声出して笑うの恥ずかしいよね。あれ?俺だけ笑いのツボおかしいの??

……まぁそれは置いておいて、すれ違いコメディじゃないけど笑いどころは多々あったと思う。

 

前半はね

 

※ネタバレ含むので観ていない方はご注意を

テイストが変わる後編

やっとのことで裕福家族に「寄生」したキム一家。

一家が家を空けた隙に酒を飲みあかす幸せそうな4人の前に以前働いていた家政婦がやってきます。彼女は家に忘れ物をしたと語りますが、向かった先は地下室にある隠し扉……。

これは北(将軍様のいる場所)の襲撃に備えて用意してあったシェルターで、住んでいるパク一家も存在を知りませんでした。

その隠し扉の中には一人の男の姿が……。彼は借金取りに追われている、元家政婦の夫でありずっと豪邸の中に隠れ潜んでいたのです。

不意に明かされたもう一人の家族。そして「半地下」より下の「地下」に住む男。彼こそ本当の意味で「パラサイト」なのかもしれない。

ここが本作一のサプライズポイントだよね。何か怪しいとは思わせつつも、明かされなかった違和感の正体はこれだったのか……。

 

地下に住んでいる男はもう完全に居ついてしまっていて、陽の光に当たらなくても生きていけるほど環境に適応しています。

この映画の上手いポイントの一つとして登場人物たちを物理的に階級分けしていることが挙げられます。

地上に住んでいるパク一家、半地下生活のキム一家、そして完全な地下生活をしている謎の男。

誰が見ても明らかですが、住んでいる場所で彼らの置かれている環境が理解できるようになっているんです。

これが一番わかりやすい上手い見せ方のシーンだったかな。

 

あとはリビングにあるソファーが庭園に向くように設置されていて、一家が座ると「家族ゲーム」のように横並びに座るショットになる。そして向かいには整備された庭が広がっていると。

これキム一家が酒を飲むシーンでは外の暴風雨が映し出され、パク夫婦のシーンではダソンの使うテントが映し出されたりと意外と効果的に使われていまして。

ただのデザイン性だけじゃなく、ちゃんとした意図があって家の間取りが作られていることが見て取れます。

他にも玄関開けたらすぐ階段になっていたりとかね。家自体が一段高く作られているのも、ラストに使われていたし。

それを含めて見ると非常に作り込まれた映画だなぁと。些細な部分まで妥協することなく作り込まれ、それが無駄なく機能している映画って結構珍しい。

映画『パラサイト』に登場したジャージャーラーメンを作ってみた

と、べた褒めするような感想になりましたが、欠点がないわけではないんですね。

序盤の寄生するまでの件が恐ろしくとんとん拍子に進みすぎたりとか、幽霊を見てトラウマを持ったダソンのキャラクターが活かされていなかったりとか。

ダソン最初は意味ありげに描写され、モールス信号も読み取った節があったのにラストにほとんど絡んでこないなんて。

そもそもギジョンはダソンに何故好かれていたのだろう。彼女が美術に詳しいとは思えないし、詐欺師として一流なんだろうけど。

えー、そんな感じですw

ベストシーン

 

スルメ
私が選ぶベストシーンは・・・

 

 

洪水で「半地下」の家が水浸しになる中、ギジョンが天井裏に隠したタバコを吸うシーン

 

でございました!

タバコはトイレの天井に隠されているんですけど、洪水のため便器から下水が逆流しているんですよ。

下水に戸惑いながらも、タバコを手に入れたら急に落ち着きだすギジョン。もはや現実逃避に見えなくもない。

座っている便座からは明らかに汚い下水……というより汚水が吹きこぼれてる中で、若い女性がタバコを吸う。

なんだか現実的じゃない抽象画のようなショットではあるけれど、彼女たちにとっては受け入れ難い現実なワケで。それでいてギジョンのキャラクターを象徴しているシーンでもあるんですよね。

 

そもそもあの洪水のシーンは家族三人が大事なモノに真っ先に飛び込んでいくシーンでもあったしさ。ギウに関しては「何故そこで冒頭の石を!?」と疑問に感じちゃったけどw

最後まであの石を使う必要があったのか。ギウに仕事を紹介した同級生との「繋がり」なんだけれども、いざという時に持ち出すほどのアイテムだったっけ?

恐らく私には読み取れなかった部分があったのでしょう。これだけ完璧な映画を作ったポン・ジュノ監督がなんの意図もなく使ったとは思えない。

もう少し映画の本質を読み取る能力を磨かなければなりませんね。

【追記】アカデミー賞作品賞他受賞おめでとう!!

 

別記事にひっくるめてアカデミー賞をまとめていますが、ここでは『パラサイト』について。

なんと!アジア発の監督が!アジアで制作した映画が!アカデミー賞の作品賞に輝きました!!!!

これがどれだけ凄いことで、革新的なことかお分かりいただけましたでしょうか??

私は高校時代から10年近くアカデミー賞というものの虜になっており、毎年この瞬間を楽しみに生きているのですが、作品賞に関しては今までで一番サプライズだったかもしれない。

 

というのも、アカデミー賞って国際映画祭(ヴェネツィアやカンヌ)ではなく、アメリカ映画の祭典なんですよね。

だから国際映画賞など一部を除いては制限(アメリカ国内で一週間以上公開された映画に限る等)が設けられており、それが世界中の映画が対象となる国際映画祭とは大きく違うところ。

そんなわけで基本的にはアメリカ映画がノミネートされることが多いし、今回の作品賞や監督賞も『パラサイト』以外はほとんどアメリカ映画でした。

しかし最近はアカデミー賞の雰囲気がガラリと変わって、外国語映画も会員たちに評価されるようになってきました。

外国語映画賞も国際映画賞と名を変え、メインの賞にも絡むように。去年の『ROMA』も外国語映画でしたが、監督賞を受賞しました。

 

このような背景もあり今年の『パラサイト』。確かに物凄く良く出来た映画だし、アカデミー賞に絡まずとも高評価なのは納得でしたが、まさかここまでとは……というのが正直な感想。

アカデミー賞が変わってきていることも、『パラサイト』が凄いことも分かっている。けれども作品賞はさすがに譲らないのではないかと。

 

しかし私の想像していた以上にアカデミー賞に変化が起き、『パラサイト』は凄かった!

 

結構映画観ているし、アカデミー賞も理解していたつもりだったけど、私もまだまだです。

最後に

2020年最初の映画からいきなり良作に出会ってしまうとは……。

★8とはいえ、2回目観るだろうから評価上げる可能性もある。うん。

たぶん2020年ベスト10作るころには上位に食い込むんだろうなぁ~とさっそく1本目から感じる映画でした!

 

以上!!!

 

【追記】

作品賞・監督賞・脚本賞・外国語映画賞などなど、アカデミー賞ノミネートおめでとうございます!


TwitterやFilmarksでも観た映画を記録しているので良かったら覗いてみてください!

・Twitter→@movie_surume

・Filmarks→スルメの映画レビュー

お仕事のご依頼はお問い合わせフォームからお願いいたします。