『未来のミライ』感想 これは酷いwイライラが止まらない映画ここにあり!

細田守監督最新作『未来のミライ』観てきました!

まぁこれまで『サマーウォーズ』だったり、『おおかみこどもの雨と雪』だったりを観てきましたが結論からして

細田守監督作品全然好きじゃない!

特に前回の『バケモノの子』は酷かったですねw 細田監督のアニメによく出てくる人獣は気持ち悪くてしょうがないですし。

なら何で観るんだって話ですけど、話題になりそうな映画はまんべんなく観るのが私のモットーなんでと言っておきましょう!

嫌いな監督の作品だからってつまらないとは限りませんしね。

しかし今回はタイムスリップものということで、私もちょっとは楽しみして観に行きましたよ!



あらすじ

とある都会の片隅。小さな庭に小さな木の生えた、小さな家に暮らす4歳のくんちゃんは、生まれたばかりの妹に両親の愛情を奪われ、戸惑いの日々を過ごしていた。

そんな彼の前にある時、学生の姿をした少女が現れる。彼女は、未来からやってきた妹ミライだった。

ミライに導かれ、時を越えた冒険に出たくんちゃんは、かつて王子だったという謎の男や幼い頃の母、青年時代の曽祖父など、不思議な出会いを果たしていく。

引用:映画.com

 

『未来のミライ』を無料で!

ビデオオンデマンドサービスのU-NEXTを使うと最新作『未来のミライ』を無料で観ることができます!

方法は無料トライアルサービスに申し込むだけ!無料で貰えるポイントを使って最新作も楽しめちゃうんです!

ご登録は以下のリンクからどうぞ!

評価

★10段階中・・・・・・・

 

★2!

いやぁつまらなかったですね!!

そもそも皆さん細田守監督好きなんですか?この人のアニメをお子様以外どの層が観るのか全くわかりませんw

やっぱ家族連れとかが多いのかな?たとえ私が子供の時に観たとしてもつまらないと言うはず。

私の感性がまだ彼の作品に追いついてないのか、特にこれと言って魅力を感じるところもなく終わってしまいました。

去年公開の『メアリと魔女の花』よりは幾分かマシではありますが、世界的にクソ映画と評された『絵文字の国のジーン』より酷かったですw



感想

注意
ここから先は物語の核心的なネタバレを含みます!まだご覧になっていない方は注意してください!

 

キャラクターがうざい

主人公・くんちゃん、その両親、ミライちゃんに至るまでどのキャラクターも観ていてイライラするw

特に主人公はヤバい。言動も声もビジュアルもすべてに腹が立つ。

こんな全く共感もできずヘイトばかり溜められる主人公を創造できたことが逆にすごいよ細田監督。

赤ちゃんの妹に新幹線のおもちゃで殴り掛かるとかサイコかよと。

それを注意して何故か反省するお母さんもどうかしてる。

娘を固いおもちゃで殴ろうとしている兄に対し怒鳴るのは普通じゃないんですかね?

お父さんも全然怒らないし、「この親にしてこの子あり」を体現している一家に思えます。

子供に携わる仕事をしていたことがあるからか、余計にくんちゃんと両親のヤバさが伝わってきました。

声優の合わなさ

初めて主人公くんちゃんの声を聴いたとき、「いや、これ子供の声じゃなくて大人の女性の声じゃん…」と思わずにいられません!

別に棒読みとかじゃなくて、ただ子供の声じゃないんですよね。

この違和感は最後まで続いてしまったのでもうちょっと子供っぽい声を出せる人をキャスティングするべきだったんじゃないかと。

エンドロールで「上白石萌歌」とあり「あれ?『君の名は。』の人?」って思ったんですが、後々調べると『君の名は。』で三葉の声を演じた「上白石萌香」さんの妹なんですね!

「萌香」も「萌歌」もどっちも似たように見えてややこしい・・・。

ご存知かと思いますが読み方は「もね」と「もか」です!

また別のアニメで彼女の声を聴きたいかな。

タイムスリップは?

なんか元から仕入れていた情報で想像してた話とは全然違ったんですよ。

ただの勘違いなんですが、あらすじだけ見ると先祖たちと出会い未来を変える系の映画に見えるじゃないですか?

それがただ過去の先祖たちと会って「この人子供の頃はこんな人なんだ~」ってなるだけ。

結局なんでタイムスリップするのかもわからないし、タイムスリップしたところで何なんだって話です。

結局タイムスリップしても主人公は成長せず、なんか不気味な東京駅に送られる始末。

ある程度の恐怖を与えないとくんちゃんは大人になれないと言われているような気までしてきます。

だったら初めから不気味な駅に送ればよかったのに…。そしたら30分で終わったのに…。

超不自然に挟まれる伏線

中盤くらいにひいおじいさんの結婚のいきさつが不自然に語られますが、なんなのこの適当な伏線w

こんなバレバレな伏線を張ったからにはくんちゃんがタイムスリップして、その「かけっこ」に関わると思うじゃないですか?

それがただ最後のおまけみたいに空から「かけっこ」を眺めるだけというw

「こういう些細なことがあって私たちがいるんだよ」と言いたいのかもしれませんが、わざとらしすぎて失笑ですよもう。

何故この映画を観に来たのか自問自答してしまうくらいでしたね。

追記

アカデミー賞長編アニメーション賞ノミネートおめでとおぉぉ!!!

ジブリ以外からのノミネートは初めてらしく、歴史に残る作品となりましたね!

こんなに酷評したけど実は傑作なんじゃないか!?と思わざるを得ない結果ですが、他の方の反応を見る限り「なんで『未来のミライ』が!?」って反応も多いので間違ってはなかったかな。

私には理解できない評価されるポイントがあったのかもしれません。もし最優秀賞を受賞しても素直に喜べない自分がいるのが恥ずかしい…。

まとめ

「タイムスリップもの」だからって過剰な期待をし過ぎました。

これは細田守監督作品だということを開始10分で思い知らされる作品です。

これをどんな層が観るのかやっぱりわかりませんが、細田守監督が合わないというのは再確認できました。

でも次も絶対観に行きます!!

 

最後までご覧いただきありがとうございます!ほかの記事もよろしければどうぞ!

『がっこうぐらし!』感想 中途半端に仕上がったゾンビ映画でした

01/29/2019

『十二人の死にたい子どもたち』感想 キャストは最高!でも内容は…

01/26/2019

『ワンダー 君は太陽』感想 これは感動ポルノか?いや、青春ドラマだ!

06/16/2018

『50回目のファーストキス』感想 福田監督によるリメイクはどう転ぶ!

06/03/2018

【ネタバレ感想】『オーシャンズ8』の欠点はコレだ!豪華キャストなのに評価されにくい理由

08/11/2018

【飯テロ!?】映画の中で印象的だった食べ物10選!これを食べずに死ねるか!

07/25/2018



ABOUTこの記事をかいた人

90年代生まれ。最近フリーランスを始めたばかりの映画フリーク。 映画鑑賞が好きな人も、そうでない人も楽しめる文章を心掛けて執筆中。 お仕事のご依頼はお問い合わせフォームまでお願いします。