中国版カイジ『動物世界』ネタバレ感想 原作の再現度はどれくらい?

するめ
皆さんこんにちは!

するめ@movie_surumeです!

この記事に訪れていただいてありがとうございます!

あの超大人気ギャンブル漫画『賭博黙示録カイジ』を中国が実写映画化した

『動物世界』

を観てきました!NETFLIXで!

中国では大ヒットしているらしい本作も、日本では劇場公開はなくNETFLIXのみでの公開となりました。

NETFLIXオリジナルではないので、この作品をNETFLIX枠で括ってしまうのはどうかと思いましたが、まぁそれはそれとして。

でもなんでタイトルが『動物世界』なんでしょうね?

主人公の名前も「カイジ」だし、せめて邦題は「カイジ」した方が良かったんじゃ…。

ここから感想に行きます!

スポンサーリンク

あらすじ

自堕落な日々を送る若者に突然突き付けられた多額の借金。

自由になる唯一の手段は、究極の”じゃんけん”を制すこと。疑心渦巻く命がけの大勝負がいま幕を開ける!(NETFLIX)

『動物世界』をすぐに観たいならNETFLIXに加入しましょう!

感想(ネタバレなし)

感想の前に私の『カイジ』に対する知識はどれほどかというと

一応漫画を「ワンポーカー編」まで読んで、映画2作を観ているくらい!

熱烈なファンというほどではないけど、焼肉に行くと「焼土下座」を思い出す程度には好きw

 

そんな私の『動物世界』に対する率直な感想は

実写映画3作(日本版2作、『動物世界』』)の中では一番忠実に実写化されているなと。

不満点もあるにはあるんですが、史上最高の『カイジ』実写映画であることは間違いないと思います!

特に「限定ジャンケン」編が好きな人は絶対観た方がいいです!

何故なら『動物世界』は120分まるまる「限定ジャンケン」だから!!

藤原竜也が主演した日本版『カイジ』だと、鉄骨渡りとEカードも詰め込まれたのでかなりカットされているんですよね。

このゲームの醍醐味である「買占め」とか、別室からの救出とかもないし。

しかし『動物世界』は「限定ジャンケン」をほぼ忠実に再現しているから、買占めも救出も古畑たちによる裏切りもあります!

分かりにくい「じゃんけんカード」の比率はしっかりとお金をかけたCGで解説してくれるし、初めての方でも問題ないはず!

日本以外の国で作られた実写版が一番忠実って悲しいけど、面白いから許しますw

では以下からネタバレ感想です。

スポンサーリンク

感想(ネタバレあり)

注意
ここから先は映画『動物世界』のネタバレが含まれています!

まだ作品をご覧になっていない方はご注意ください!

『動物世界』のカイジは過去に父親を殺された過去を持ち、トラウマを抱えてる。

ピエロのバイトをしながら寝たきりになってしまった母親の面倒を見て暮らしているが、今の状況を変えようと友人の借金の保証人になってしまう。

しかし、友人はマカオのカジノで財産のすべてを使い逃亡。カイジは借金を肩代わりすることになる。

暴利による多額の借金を抱えたカイジは起死回生のギャンブルを持ち掛けられ、豪華客船「デスティニー号」に乗せられる。

 

カイジのキャラクター背景が原作と異なり、クズはクズだけどそれほどでもないって感じ。

序盤はカイジの妄想する「ピエロVSモンスター」をバキバキにキマッたアクションで見せられるので最初はどうかと思いましたが、ストーリーの良いアクセントになっていますね。

原作にはないオリジナル描写って批判されがちだけど、『動物世界』のオリジナルは原作の魅力を補完する役目を果たしてくれるんです。

 

本作の「限定ジャンケン」は非常に多国籍。

全員中国人かと思いきや利根川はマイケル・ダグラスだし、参加者もアジア系から白人、アラブ系までいる多国籍っぷり。

原作者・福本さんも利根川を名優マイケル・ダグラスが演じる日が来るとは思いもしなかったでしょうw

続編があるならマイケル・ダグラスがEカードや焼土下座をするシーンがあるのかな。

カード12枚、星三つを使ったギャンブル「限定じゃんけん」が始まり早速同郷の男に騙されるカイジ。

途方に暮れていたとき、自分を騙し借金を負わされた友人が「ディスティニー号」に乗っていることを知る。

仲間を作り、カードの比率と買占めによって勝利を得られると確信したカイジは借金を作り、パーのカードを買い占めるがカイジ達を妬む男によってシャッフルされてしまい…。

 

日本版『カイジ』にはなかったこのカードの買占め。漫画で読んでいてもかなり複雑だったこの件をめっちゃ分かりやすく解説してくれます。

そしてキャストのピッタリさがハンパじゃない!!!

特にあの憎たらしい安藤は、だれがどう見てもクズで「絶対裏切るだろ!」って予感がプンプンしていますw

これほど似合うキャストを見つけてきたスタッフたちに感謝しか感じません!

そもそもこの『動物世界』を作った監督や脚本家は絶対『カイジ』好きだなっていうのが滲み出てますね。

こんなに丁寧に実写化してくれるならぜひとも「地雷ゲーム17歩」「沼」も実写化してほしい!

 

ただ、この時点で『カイジ』独特のセリフ回しがほとんど使われていないことに気が付きました。

特に利根川の名台詞

「Fuck you! ぶち殺すぞゴミめら…!」がない!!

マイケル・ダグラスの完璧な発音で言ってくれれば良かったんですけどね。

仲間たちに救いを求め、自ら別室送りとなったカイジ。

しかし星を分けてくれるはずだった仲間たちに裏切られ、同じ別室にいた男からダイヤを強奪。

無理やり別室を脱出したカイジは石田のおっさん(仮)を救出し船を降りる。

 

もう最後まで忠実です。ちょっと蛇足だと思えるのはカイジの帰りを待つ幼馴染がいるくらい。

カイジと恋愛って結び付きませんが、『動物世界』のカイジならありかも。

石田のおっさんが出てきたということは次回は鉄骨渡りかな?

Eカードでダグラス利根川と戦うのか…。すでに耳には同時翻訳機がはめられているし、耳落とすとこもすんなり実写化できそうですね!

まとめ

正直めっちゃ面白かった。

今の日本ではここまで忠実に実写化してくれる人たちはもう絶滅してしまっただろう。

『カイジ』の面白さは世界共通だと思うと感慨深い…!

 

最後に★10段階で満足度を付けると・・・

 

★7

『カイジ』の実写版としては完璧に近い!原作ファンなら観ておいて損はないです!

するめ
最後まで読んでいただきありがとうございました!

最近Twitter(@movie_surume)も始めたのでよろしければフォローよろしくお願いします!

NETFLIX映画『XOXO』感想 フェスに集まった男女の行方は

10/18/2018

【群像劇】グランドホテル方式をとったおすすめ映画8選!

10/17/2018

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でmovie_surumeをフォローしよう!

おすすめ記事

コメントを残す