映画版『アンチャーテッド』が日本公開決定!ゲーム版との違いやキャスト・公開日について解説

今回はPS4やPS3で発売されたゲーム『アンチャーテッド』の映画版について解説・考察していく。

この記事は主に

  • キャスト・公開日の情報
  • 映画とゲームの違いを解説
  • 期待できるポイント

などを書いていく。

ゲーム版のネタバレが少し含まれてるため、完全にネタバレをシャットアウトしている方はご注意を。

 

映画『アンチャーテッド』本編の感想

関連記事

スルメどーも、スルメです今回は『アンチャーテッド』の映画版について感想を書いていきたいと思います。僕が初めて『アンチャーテッド』をプレイしたのは、高校生のとき。当時はゲーム実況なんてなかったんで、中古ゲーム屋[…]

 

アンチャーテッド

原作となったゲームは、『インディ・ジョーンズ』『ナショナルトレジャー』を組み合わせたような、アクションアドベンチャーゲームだ。

世界各国に眠る秘宝を探し出していくストーリーで、プレイヤーは敵との戦闘や、歴史ネタ満載のストーリー、そして遺跡を舞台にした謎解きが楽しめる。

ゲームの時点で、「プレイする映画」と言ってもいいほど映画的な演出が満載な作品だったが、果たしてどのように映画化していくのだろうか。

 

今作は紆余曲折あって、ようやく公開にこぎつけた映画でもある。

『アンチャーテッド』の映画化が発表されたのは2009年で、その後監督&主演の変更が報道され、約12年かかっての公開となった。

原作のファンだけでなく、映画好きの人にも観てほしい作品だ。

『アンチャーテッド』公開日

『アンチャーテッド』の公開日は2022年2月18日の日米同時公開が決定した。

同じソニー配給&トム・ホランド主演の『スパイダーマン ノーウェイホーム』が米国公開から3週間遅れたことを考えれば、かなり早いといえるのではないだろうか。

公開初日に観に行けば、ネタバレを気にする必要もないため、ありがたい公開日といえる。

『アンチャーテッド』出演キャスト

ネイサン・ドレイク(ネイト)/トム・ホランド

今作の主人公・ネイトは、新生スパイダーマンとして活躍するトム・ホランドが演じる。

近年は『カオス・ウォーキング』『悪魔はいつもそこに』など、幅広い作品に出ているが、やっぱりアクション映えする俳優だ。

ちなみに吹き替え版を担当する榎木淳弥は、『スパイダーマン』シリーズでもトム・ホランドの声を演じていた。

サリー/マーク・ウォールバーグ

ネイトの相棒であり、師匠でもあるサリーは、『テッド』に出演するマーク・ウォールバーグが演じた。

本来はネイト役にキャスティングされていたらしいが、制作までに時間がかかりすぎたため、サリー役となった。

ゲームのイメージだと、ウォールバーグの方がネイトに近いが…。そこはうまく演じてくれることだろう。

クロエ・フレイザー/ソフィア・テイラー・アリ

第2作目より登場し、DLC版では主人公となったクロエは、ソフィア・テイラー・アリが演じた。

ソフィアは『トゥルース・オア・デア』などに出演した女優だが、日本での知名度はまだまだ低いだろう。

クロエはネイトの元カノでもあったので、彼らのロマンスにも期待したい。

映画版『アンチャーテッド』とゲームの違い

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント

続いて、原作となったゲームシリーズと実写版との違いについて解説・予想していく。

筆者は前作最低2周ずつはプレイしているが、間違った情報があるかもしれないから、先に謝っておこう。

ごめん。

ネイトの年齢が違う

ゲーム版でのネイトは30歳くらいの男で、第4作目ではおじさん感も増していき、よりワイルドなキャラクターとなった。

しかし、今作でネイトを演じたのは現在25歳のトム・ホランドだ。いかにも好青年な俳優で、ちょいワルな要素もあるネイトを演じるには、いささか年齢が足りないような気もする。

今作で描かれるのは若き日のネイトであり、映画版の要素を盛りこみつつも、オリジナルストーリーが展開する。

第3作目や4作目でネイトの幼少期が描かれたが、それとも年代が違うため、原作プレイ済みの人でも初めて見るネイトが描かれるのだ。

ストーリー

今作のストーリーはサリーがネイトをスカウトするところから始まる。

現在判明しているあらすじでは、キーアイテムとして十字架が登場したり、「海賊船」というワードが紹介されているなど、第4作目の「海賊王と最後の秘宝」がモチーフとなっているのだろう。

その他にも、ネイトの兄・サムの名前もあったり、ロケーションもカリブ海や海賊の洞窟を思わせる場所だったりと、4作目の要素が強いことは確かなようだ。

ただ、一部のシーンでは3作目『砂漠に眠るアトランティス』で印象的だったシーンも用いられてるため、「4作目が基になっている!」と一概には言えない。

シリーズ全作品の要素を少しずつ盛りこんだ、集大成的な作品になっているのだ。

エレナがいない

シリーズの重要キャラクターのひとりであるエレナは登場していない。

エレナはネイトの結婚相手となるシリーズ屈指のヒロインで、第4作目でも大活躍するため、不在なのは正直残念ではあるが…。

どうやらヒロインの座はクロエになるようで、エレナの登場があっても、続編になるだろう。

アンチャーテッドの映画化に関して

最後に正直な話しをすると、この映画に関しては期待5割、不安5割といったところだ。

そもそもゲーム版の『アンチャーテッド』は、プレイヤーが世界を冒険することに意味があった。

これまでも『トゥームレイダー』など遺跡を探検するゲームはあったが、『アンチャーテッド』はHD画質でカメラワークなどにも凝り、映画的な演出を盛りこんだ、まさに「プレイする映画」だったのだ。

個人的には初めて『エル・ドラドの秘宝』をプレイした際に、「映画の上位互換」だと本気で思った。それくらい衝撃的なゲームだったし、映画を動かしているという感覚がクセになったのだ。

今でこそ映画的演出が盛り込まれたゲームは多数存在しているが、『アンチャーテッド』はそのジャンルの草分け的なゲームだったといえる。

このようなインパクトがあったからこそ、私の中で『アンチャーテッド』は傑作あつかいされていたのだ。

 

では、このゲームを映画化したらどうだろうか?

「プレイする映画」が「観る映画」になって、印象はどう変わるのだろう?

確かにゲームにはできない演出や、キャスト陣の生の演技、スクリーンで観るからこその感動など、映画にしかできない強みは山ほどある。

けれども、それらが詰めこまれておらず、単なるアクション映画になっていたとしたら、「ゲームでよくね?」と感じてしまうのは必然だ。

正直、『トゥームレイダー ファーストミッション』はまさにそれだった。あの完成度ならば、ゲームでじっくりプレイした方が感動や驚きが上回る。

 

そんなわけで、若干不安要素が残る、実写版『アンチャーテッド』だが、トム・ホランドの活躍を期待して、公開日まで楽しみに待っておきたい。

 

以上。


映画『アンチャーテッド』本編の感想

関連記事

スルメどーも、スルメです今回は『アンチャーテッド』の映画版について感想を書いていきたいと思います。僕が初めて『アンチャーテッド』をプレイしたのは、高校生のとき。当時はゲーム実況なんてなかったんで、中古ゲーム屋[…]

 

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
新作映画はU-NEXTで無料視聴


U-NEXT登録で新作映画が無料に
映画やドラマ、アニメなど膨大な作品数を誇るU-NEXT。初めての登録なら31日間無料で使えて、新作映画で使える600円分のポイントがもらえます。無料期間内に解約すれば利用料金はいっさい発生しません。当ブログではU-NEXTを無料で使い倒す情報を発信してます。登録・解約方法に関しては以下の記事を参考にしてください!