単独映画『ザ・フラッシュ』に登場予定のヒーローを紹介!ヴィランの予想もしてみた

どーも、スルメです。

今回はすでに撮影がはじまっているDC映画、『ザ・フラッシュ』について解説していこうと思います!

フラッシュとは、ドラマ化もされているスピードスター。

映画の方では『ジャスティス・リーグ』に登場し、スナイダーカットでバックグラウンドも語られました。

 

この記事では、

  • 『ザ・フラッシュ』の特徴
  • 登場ヒーロー&キャスト
  • ヴィランの予想

などを書いていきます!ぜひ最後までご覧ください!

『ザ・フラッシュ』とは

この投稿をInstagramで見る

The Flash(@theflashmovie)がシェアした投稿

スピードスター「フラッシュ」の単独作!

『ジャスティス・リーグ』に登場した高速で移動するヒーロー、フラッシュ

今作はフラッシュ初となる単独映画であり、DCユニバースに初めて「マルチバース」の概念を導入した映画になります!

現在撮影中であり、詳しいストーリーや登場するヴィランなどはまだ発表されていません。

 

監督を務めるのは、『IT それが見えたら、終わり』を監督した、アンディ・ムスキエティ

『IT』シリーズの前には、ジェシカ・チャステイン主演の『MAMA』を監督していたりと、ホラー映画のイメージが強い監督です。

ハリウッド版『進撃の巨人』や『超時空要塞マクロス』の制作も担当しているようですが、進捗状況は不明。

DC映画で初!「マルチバース」が導入される!

マーベル・シネマティック・ユニバース(以下MCU)は、フェーズ4に入りマルチバースが導入されました。

『ロキ』や『ドクター・ストレンジ』続編も、マルチバースをテーマにしたものになっています。

【関連記事】MCU今後公開予定の映画&ドラマ25本を一覧で紹介!

 

マルチバースとは、並行世界のことでして、これまでのDC映画がすべて繋がる可能性のある重要な要素です。

バットマンで例えると、ティム・バートン版『バットマン』や『ダークナイト』、『ジャスティス・リーグ』は3つとも別の世界を描いていました。

それぞれのバットマンが共演することはなく、ストーリーも繋がっていません。

しかし、マルチバースが導入されると、すべての世界が同時に存在できることになります。つまり、「並行世界」ですね。

フラッシュが並行世界を移動できるなら、マイケル・キートンのバットマンと、ベン・アフレックのバットマンが共演することも可能になるわけです。

 

そもそも、DC映画でも「マルチバース」と呼称してOKなのかは疑問ですが、実現すれば『ジョーカー』とか『ザ・バットマン』など、別の世界と定義されていた映画とも繋がることができます。

『ザ・フラッシュ』の公開日は?

 

2022年の11月4日です

 

これは海外での公開日なので、日本でも同じ公開日になるかは微妙です。

参考にこれまでのDC映画のアメリカでの公開日と、日本での公開日を比較しますと……

映画タイトル海外公開日日本公開日
マン・オブ・スティール2013年6月14日2013年8月30日
バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生2016年3月25日2016年3月25日
スーサイド・スクワッド2016年8月5日2016年9月10日
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY2020年2月7日2020年3月20日
ワンダーウーマン 19842020年12月25日2020年12月18日

という具合に、アメリカより公開が早かったのは『ワンダーウーマン1984』のみですね。

ほかの作品は同時公開か、数か月遅れなので、『ザ・フラッシュ』も米国公開より数日~数か月遅くなると予想します。

さすがに年を越すことはなさそうですが、11月前半だとマーベルの『ザ・マーベルズ』とぶつかりそうなので、

2022年12月2日、もしくは12月9日あたりが現実的ではないでしょうか。

『ザ・フラッシュ』に登場するヒーロー

フラッシュ/バリー・アレン

この投稿をInstagramで見る

The Flash(@theflashmovie)がシェアした投稿

「スピードフォース」からパワーを引き出し、超高速で移動できるスーパーヒーローです。スピードだけでなく、時空を超える力も持っています。

バットマンやスーパーマンとは異なり、ヒーロー経験もそこまで多くありませんが、「ジャスティスリーグ」にスカウトされました。

正体はバリー・アレンでマーベルの『スパイダーマン』と同様、おしゃべりなヒーローです。

『スナイダーカット』では父親が収監されていることが明かされており、父を助け出すため、法律の勉強をしています。

バットマン(ベン・アフレック)

DCユニバースのバットマン。オリジンは描かれていませんが、かなりベテランの域に達しており、ヒーローたちのスカウトも行いました。

最後に登場したのは『スナイダーカット』の追加シーンですが、演じたベン・アフレックはシリーズからの卒業を示唆していました。

しかし!『ザ・フラッシュ』で再度バットマンを演じることが明らかになったのです!

個人手には『ダークナイト』版を抑えて、一番大好きなバットマンなので続投は素直に嬉しい!

しかも、マイケル・キートンのバットマンとも共演するようで……

バットマン(マイケル・キートン)

この投稿をInstagramで見る

The Flash(@theflashmovie)がシェアした投稿

ベン・アフレックのバットマンとは別の、もうひとりのバットマン。

彼はティム・バートン版『バットマン』その人で、スーツのデザインもほぼ当時のままです。

おそらくDCユニバースとは別の並行世界からやってきたバットマンで、フラッシュとの共闘も楽しめるでしょう!

演じたマイケル・キートンは『スパイダーマン ホーム・カミング』でヴァルチャーを演じた俳優で、バットマンは約30年ぶりに再演することになります。

ただ、当然ながら年齢を重ねているため、CGで若返り処理がされるのか、そのまま老バットマンになるのかは不明です。

スーパーガール

この投稿をInstagramで見る

The Flash(@theflashmovie)がシェアした投稿

ドラマ化もされたスーパーガールも、今作からDCユニバースに参戦!

演じるのはオーディションを勝ち残った女優サッシャ・カジェで、初のラテン系スーパーガールとなります。

スーパーガールとは、スーパーマンのいとこであり、クリプトン星出身のヒーローです。

能力もスーパーマンとほぼ同じですが、映画化に際して変更が加えられる可能性も十分あります。

その他登場したら面白いヒーロー

ここから先はあくまでも予想ですが……

マルチバースがあるならば、こんな「夢の競演」も可能になります。

クリスチャン・ベール版バットマン

『バットマン ビギンズ』、『ダークナイト』のバットマンですね。

作風的にはノーランの影響もあり、かなりリアルよりの作品でしたが、DCユニバースとの相性はどうだろう?

もっとも人気のあるバットマンでもあると思うので、チラッとでも登場してくれると嬉しいのですが……。

ドラマ版フラッシュ

グラント・ガスティンが演じた、ドラマ版のフラッシュ。

こちらは「アローバース」と呼ばれる、ドラマのユニバースに属しているんですが、過去にはエズラ版フラッシュと共演した経験があります。

共演済みとあれば、コラボレーションも可能なような気もします。

シャザム

2019年に単独作が公開された『シャザム』は、DCユニバースに属していながら、ほかのヒーローとの共演経験はほぼありません。

マルチバースとか関係なく、『ザ・フラッシュ』はDCユニバースきってのクロスオーバー作品となるため、この機会に顔を見せてくれると嬉しい。

『ザ・フラッシュ』のヴィランはだれだ!

『ザ・フラッシュ』でフラッシュやバットマンが戦うことになるヴィランは、まだ発表されていません。

バットマン2人、フラッシュ、スーパーガールと4人のヒーローが登場することから、ヴィランも複数人いると考えることができます。

ここでは僕の超個人的な予想&願望を書いてみました。

ゴリラグロッド

この投稿をInstagramで見る

The Flash(@cwtheflash)がシェアした投稿

『ニンジャバットマン』にも登場した、ゴリラ兼、科学者。

ゴリラの姿をしていながらも天才的な頭脳を持っており、テレパシーも使いこなすという、かなりの強敵です。

次元や時間の概念が導入されるなら、まず最初に名前が上がりそうなヴィランでしょう。

実際にドラマ版『フラッシュ』にも登場していますし、ビジュアル的にも申し分ないキャラクターだと思われますが……。

リバースフラッシュ

フラッシュを倒すため、未来から時間を遡ってきたヴィラン。

能力はフラッシュとほぼ同じですが、フラッシュと敵対する運命にあるという、少し変わった動機を持つヴィランです。

まさにフラッシュの宿敵で、バリー・アレンの母を殺した人物でもあるため、単独作で彼を登場させないわけにはいかない!

キャプテン・ブーメラン

『スーサイド・スクワッド』、『ザ・スーサイド・スクワッド』と2作続けて登場したヴィラン。

メインヴィランではないと思いますが、映画冒頭にフラッシュの能力を解説する役割として、若干登場しそうではある。

まずは『ザ・スーサイド・スクワッド』での活躍を期待!

【関連記事】『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』キャラクター&キャスト解説!気になるポイントとは

キャプテン・コールド

フラッシュの宿敵のひとりで、対象を凍りつかせる武器を使う男。

「動きを止める」というフラッシュとは正反対の能力を使うヴィランで、こちらもドラマ版に登場しています。

能力的にも映えそうなヴィランですが、バットマンふたりと戦うとなると、ちょっと微妙な感じがする。

DCユニバースを無料視聴する方法

映画を無料で観るならU-NEXTがオススメ。

登録が初めての方なら31日間のお試し期間が付くため、その間は映画もアニメもドラマも全部無料です。

しかも初登録時にはタダで600円分のポイントが貰えるので、ほとんどの新作映画も1本無料で観られます。

1か月以内に解約すれば料金は発生しません

【U-NEXT】を1から10まで無料で使うための基礎知識を教えます

 

 

DCユニバースのラインナップ

  • マン・オブ・スティール
  • バットマン vs スーパーマン
  • スーサイド・スクワッド
  • ワンダーウーマン
  • ジャスティス・リーグ
  • アクアマン
  • シャザム!
  • ワンダーウーマン1984

などが配信されています。一部の作品は見放題ではなく、ポイントによる課金制です。

 

・詳しいラインナップは以下の公式ページを確認してください

U-NEXT

 

↓31日間無料&600円分のポイントが貰えます↓

 

最後に

とにかく「楽しみ」としか言いようがない『ザ・フラッシュ』。

2021年には同じくマルチバースを取り入れている、『スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム』も公開されるので、『ザ・フラッシュ』が公開される頃には、マルチバースの概念が今よりも盛り上がっていることでしょう。

【関連記事】MCU版『スパイダーマン3』のキャスト紹介&考察!歴代スパイダーマン出演なるか?

ヴィランの情報や新キャストなど、わかり次第どんどん追記していきます!

 

以上!!!


【アメコミ映画関連記事】

⇒⇒MCUドラマ『ロキ』第1話ネタバレ考察 ラストに登場したキャラクターとヴィランの正体を予想!

⇒⇒映画『モービウス』解説・考察 まさかのMCUスパイダーマンと合流か!?

⇒⇒マーベル・シネマティック・ユニバースを観るうえで知っておくべき基本情報

⇒⇒【これだけでOK】バットマン映画の観る順番をシリーズごとに完全解説!

 

アイキャッチ画像 ©2021 WBEI TM & ©DC

新作映画はU-NEXTで無料視聴


U-NEXT登録で新作映画が無料に
映画やドラマ、アニメなど膨大な作品数を誇るU-NEXT。初めての登録なら31日間無料で使えて、新作映画で使える600円分のポイントがもらえます。無料期間内に解約すれば利用料金はいっさい発生しません。当ブログではU-NEXTを無料で使い倒す情報を発信してます。登録・解約方法に関しては以下の記事を参考にしてください!