橋本環奈がついにR指定映画へ!『シグナル100』デスゲーム映画が面白そう!

 

どーも、スルメ(@movie_surume)です。

 

ちょっと気になる映画の情報が解禁されたので、ゆるーく紹介していこうかと。

タイトルにもある通り『シグナル100』というデスゲーム映画なんですが、気になるポイントと言うのが橋本環奈主演なのにR15指定という部分。

いや、あの橋本環奈が、1000年に一人と言われた美少女がR指定の映画に出るのか!

しかも予告編を見る限りなかなかハードな映像がありそうだぜ!って感じでして。雰囲気は完全に『バトル・ロワイアル』のそれなんですがw

とは言っても、俺ってその手の映画が大好物なんですよね。『バトル・ロワイアル』『神様の言うとおり』を混ぜたようなニオイがしても関係ないのさ!

『シグナル100』のストーリー

ある日突然、担任の先生に催眠術をかけられた36人の高校生。

その催眠は”ある行動”がトリガーで自殺してしまうというものであり、催眠を解く方法は他35人のクラスメイトが死んだときのみ。

電話をかける、スマホを見る、教室から出るなど、些細なことがきっかけで自殺していく生徒たち。

100パターンものシグナルを避けて最後の一人になるのが先か、それとも死ぬのが先か……。

⇒⇒公式サイト

キャスト

橋本環奈

今回この映画に一番興味を持った理由といっても良いですね。

特別ファンということでもないんですが、R指定映画に出演するという意外性と、おそらく血みどろになる中でどんな演技を見せるのか。

その辺がめっちゃ気になるワケです!

これに近い映画だと『十二人の死にたい子どもたち』って映画がありました。

あれはR指定ではありませんでしたが、サスペンスと自殺を扱っているだけあって作風的には近いのかも!?

 

中村獅童

『バトルロワイアル』でいうビートたけしポジション。生徒に催眠術をかける先生役ですね。

正直言ってあまり悪役という印象がない中村獅童さん。デスノートのリュークの声優と、『ピンポン』のドラゴンが有名ですかね。

ドラゴンは眉毛全剃りしてましたが、そこまで悪い奴には見えなかったし。

今作では確実にキーマンになるんでしょう!なぜ生徒に催眠術をかけたのかがラストに明かされそう。

 

その他キャスト

朝ドラの『半分、青い。』への出演、『わたしに××しなさい!』で玉城ティナと共演など、多彩な演技を見せてくれる小関裕太がイケメンキャラの榊蒼汰役で出演。

その他にも栗原類、瀬戸利樹、中尾暢樹、福山翔大などが出演しています。

まとめ

『シグナル100』は同名のマンガが原作の映画です。

俺自身、原作読んでいないんだけど映画のために読むべきか、敢えて読まないでいるべきか。毎度悩むんですよね。

読んでいた方がブログに解説とか書けてアクセス増えそうではありますが、結末までの展開を知ってしまうのは良いことなのかと。

うーん、ラストに全部がスッキリするパターンの映画っぽいから、漫画は読まずに映画観た方が衝撃が大きそうです。

また映画を鑑賞後にレビュー書きますね!

 

以上!!!

おすすめ記事