【ネタバレ】ドクター・ストレンジが予知した未来とは!?これは勝利への道なのか。

『アベンジャーズ4』公開まで一年を切りましたね!

そろそろファンの方は皆『アベンジャーズ/インフィニティウォー』を鑑賞したと思うので、ネタバレ解禁感も出てきていると思います。

しかし当サイトでは一応ネタバレ注意を入れておきますね。

注意!!
この記事では『アベンジャーズ/インフィニティウォー』のネタバレが含まれています。まだ鑑賞していない方はご注意ください。

広告

ドクター・ストレンジの予知した未来とは?

惑星タイタンでの戦いの前、ストレンジはタイム・ストーンの能力を使ってこの戦いの末に訪れる未来を何千万通りも見てきました。

その結果が勝てる道はたったの1つだけ。

起きるすべての可能性を見てきたと発言していたため、サノス以上にこの戦いは詳しかったのだと思います。

もちろん自分が死ぬことや、宇宙の生命の半数が滅ぶことも予期していたストレンジ。

しかし、彼の選択は命がけで守ると誓ったタイム・ストーンよりもトニー・スタークを死なせないことでした。

つまりトニー・スタークが生き残るこれこそが勝利への道ということです!

意味深な言葉を残して散っていたので、トニーが鍵ということは間違いないはず!


では、戦いの結末を知っていたであろうストレンジは何故最初からタイム・ストーンを渡さなかったのでしょうか。

タイム・ストーンを渡してしまえばサノスがガモーラを殺したことをスターロードが知ることもなく、トニーも刺されずに済みましたよね?

メンバーからの反感を買うかもしれませんが、「これが最良の選択だ。」と言いくるめてしまえばいいんです。

タイタンでサノスに敗けることまでが計画通りだったのか。それともストレンジが予期しなかった結末になってしまったのか。

未来を知っていたならあの場でインフィニティガントレットを奪ってしまったほうがいい気もしますが…。

正直言って彼の行動は謎です(笑)

トニーは何をするのか?

さて、問題はトニーはこの後の戦いにおいてどんな活躍をするのかということです。

それは他でもないトニーにしかできないことであり、キャップやソー、ハルクじゃできないことになります。

じゃあ何なのかと考えるとやっぱりメカニック的なところにあるような気がしますね。

第1作目『アイアンマン』からずっとトニーは天才的な発明家で誰にも真似できないような知識も持ち合わせています。

しかも、今回生き残っているのはロケットやブルース・バナー、シュリ(たぶん)、ネビュラとメカニック感満載のキャラばかり(ネビュラは記憶再生機能)。

ということはトニーを筆頭に彼らが「何か」を開発するのか??

それとも重要なのはトニーではなく「アベンジャーズ初期メンバー」なのかもしれません!

初期メンバーの中でタイタンにいたのはトニーだけですし、彼ら全員が揃わなきゃサノスは倒せないのかも。

案の定サノスの「指パッチン抽選(このサイトではこう呼ぶことにします)」で初期メンバーは生き残っていますしね。

トニーがとかじゃなくて生き残りメンバーに意味があると考えた方が近いのかもしれません!

映画『ドクター・ストレンジ』を復習!

すでに公開から1年以上過ぎ、内容を忘れている方もいるかもしれません!

U-NEXTなら映画『ドクター・ストレンジ』本編をお得に楽しむことができますよ!

まずは無料お試しから始めてみましょう!

まとめ

・今は勝利ルートにいる!

・アベンジャーズ初期メンバーが重要に!

あくまで考察なのでご了承ください(笑)

 

最後までご覧いただきありがとうございました!コメント等お待ちしております!

広告


 

マーベル関連記事はコチラ!

【考察】キャプテン・マーベルは今まで何していたのか

『アベンジャーズ4』にアダム・ウォーロック登場!?

【ネタバレ】『インフィニティウォー』続編の展開はどうなるの?

『インフィニティウォー』続編 タイムトラベル説を考察してみる

『アベンジャーズ4』タイトルを予想してみた!

X-MENとアベンジャーズの合流はあり得るの?

人気記事もぜひ!

『レディ・プレイヤー1』感想 スピルバーグ最高傑作って本当!?

皆におすすめできるピクサー映画ベスト10!

全世界で一番売れた映画をランキングにしてみた!

刑務所を題材にしたオススメ映画8選!

衝撃的すぎ!どんでん返しが秀逸な映画8選!

【最恐】めちゃくちゃ怖いホラー映画8選!

よろしければSNSで拡散して頂くと励みになります(笑)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でmovie_surumeをフォローしよう!

おすすめ記事

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

90年代生まれ。最近フリーランスを始めたばかりの映画フリーク。 映画鑑賞が好きな人も、そうでない人も楽しめる文章を心掛けて執筆中。 お仕事のご依頼はお問い合わせフォームまでお願いします。