銃!馬!酒!ワイルド全開な西部劇映画8選!

するめ
皆さんこんにちは!

するめ@movie_surumeです!

映画オタクの戯言ですが、最後までお付き合いくださいm(__)m

 

映画とは関係ないのですが、最近『レッド・デッド・リデンプション』というゲームにハマっていまして再び西部劇に火が付き始めた今日この頃。

これまで映画として観ていた西部劇を主人公になってプレイできるなんて本当に素晴らしい!

リボルバーを使ってのアクションから、荒野を馬で駆け抜けるあの感じ。

埃っぽい街並みの大好きだし、酒場なんかに入った日にはもう興奮で夜も眠れない!

日本人なのにサムライの時代劇よりカウボーイの西部劇が好きなのですから面白いですよねw

 

という訳で私が本当におすすめしたい西部劇を8本ご紹介します!!

スポンサーリンク

 

※画像クリックで映画視聴ページに飛びます!

1.荒野の七人




あらすじ
無法者の被害に嘆くメキシコの寂れた田舎町では、用心棒を雇うことになり、クリス(ユル・ブリンナー)をリーダーとしてヴィン(スティーブ・マックィーン)やブリット(ジェームズ・コバーン)ら7人のガンマンが集結した。農民に自衛の策を教えるなどし、襲撃に備えるが……。(ヤフー映画)

 

日本映画屈指の名作『七人の侍』にリメイク作品。

「時代劇より西部劇」と言っていたのに初っ端から時代劇のリメイクを提案する矛盾(笑)

いや、オリジナルである『七人の侍』の方が好きなんですけどね。

リメイク版もかなり上手くできていて、良いところを残しながら見事に再現できていると思いますよ!

2.トゥルー・グリット




あらすじ
父親を殺された14歳の少女マティ(ヘイリー・スタインフェルド)は、真の勇気を持つといわれる保安官のコグバーン(ジェフ・ブリッジス)に犯人の追跡を依頼。テキサス・レンジャーのラビーフ(マット・デイモン)も加わり、かたきのチェイニー(ジョシュ・ブローリン)を追うこととなる。(ヤフー映画)

 

こちらもまた往年の西部劇『勇気ある追跡』のリメイク。

出ている俳優が豪華なこと、コーエン兄弟の作品にしてはかなり観やすく設定されていることなどから、西部劇初心者の方にまずオススメしたい作品です!

3.ヘイトフル・エイト




あらすじ
雪が降りしきる中で馬を失った賞金稼ぎマーキス(サミュエル・L・ジャクソン)は、同じ稼業であるジョン(カート・ラッセル)と彼が捕らえたデイジー(ジェニファー・ジェイソン・リー)を乗せた駅馬車に同乗する。途中で保安官を名乗るクリス(ウォルトン・ゴギンズ)を拾った馬車は、猛吹雪から避難するためにミニーの紳士洋品店へ。メキシコ人の店番ボブ(デミアン・ビチル)や怪しげな絞首刑執行人オズワルド(ティム・ロス)などの存在にジョンが強い警戒心を抱く中で、事件が起こる。(ヤフー映画)

 

こちらは他の西部劇とはちょっと違ったサスペンスものです!

ガンアクションや馬でのチェイスを想像している人には向かないかも。

しかし、タランティーノならではの巧みに作り上げられた脚本はサスペンスとしても、西部劇としても一級の作品に仕上がっています!

ガチファンが選ぶ!タランティーノ監督作品ランキングを発表!

08/20/2018

4.許されざる者




あらすじ
荒事からは足を洗っていたウィリアム・マニーの元へ若いガンマンが訪れる。娼婦に傷を負わせ賞金をかけられた無法者を追うためだ。マニーのかつての相棒ネッドを加えた3人は追跡行に出かけるが、その頃、町の実力者の保安官ビルは疎ましい賞金稼ぎたちを袋叩きにしているところだった。やがてビルの暴力が黒人であるネッドにも及んだ……(ヤフー映画)

 

西部劇と言えば・・・

もちろんクリント・イーストウッドですね!

数多くいる西部劇俳優の中でも彼ほど成功した人はいないんじゃないでしょうか!

本作は監督・主演を同時に担当し、アカデミー賞も獲得しています!日本版リメイクもあるのでそちらもぜひ!

スポンサーリンク

5.続・夕陽のガンマン




あらすじ
コンビを組んでお尋ね者の懸賞金をだまし取っていたジョーとテュコ。二人はある日、逃走中の強奪犯から、20万ドルもの大金を奪う。だがその金をねらって、セテンサという凄腕のガンマンがやってきた……。三人の男たちの、虚虚実実の駆け引きをユーモラスに描いた痛快ウェスタン。(ヤフー映画)

 

「続」と付いていますが、続編でも何でもありません!

『夕陽のガンマン』と監督・主演が一緒なだけで続編とされる邦題を付けられてしまったようです。

作品は非常に観応えのある長編もの!

ちょっと長いのがたまに傷ですが、一度観始めるとついつい見入ってしまうシーンが盛りだくさん!

6.大いなる西部




あらすじ
西部の町に、東部から優男がやって来た。そこには湧き水の所有を巡って対立する二つの家があり、片方の牧童頭は都会育ちの青年に敵意を向ける。W・ワイラー監督の大作西部劇で、二つの家の抗争を中心にしながらも詩情豊かに西部を描く。野性味たっぷりの牧童頭を演じた若き日のC・ヘストンが強烈な個性を打ち出している。(ヤフー映画)

 

リボルバーでガンガン打ち合う西部劇が次々公開されていくなかで、一人の男の人情を描き出した本作は当時としては意欲作だったのではないでしょうか!

名俳優グレゴリー・ペックチャールトン・へストンの演技も作品に深みを与えています!

7.リオ・ブラボー




あらすじ
颯爽たるファースト・シーンに初まり、計算されたアクションを散りばめた、歌あり恋ありの痛快西部劇。保安官チャンスは、酒場のゴタゴタから人を殺したジョーという男を逮捕した。ジョーの兄ネイサンは手下を集め、釈放を求めてチャンスを脅迫する。チャンスはわずかな手勢で、ネイサン一派を迎え撃つが……。(ヤフー映画)

 

これぞ西部劇!

西部劇らしい西部劇を観たい人には非常にオススメできます!

ただ、あまりにも有名なので西部劇好きな人は大体見ている作品なんですよね…。

まだ観ていなかったらぜひどうぞ!

スポンサーリンク

8.ワイルドバンチ




あらすじ
1913年の動乱のメキシコ。パイクをリーダーとする5人のアウトローたちが、革命派の将軍マパッチから、米政府の輸送列車の襲撃を依頼される。パイクたちは見事、列車から武器弾薬の強奪に成功するが、マパッチは約束の金の代わりにパイクたちに襲いかかる。100人を超える軍隊を相手に、5人は死闘を展開する……。サム・ペキンパー監督によるバイオレンス・アクション。(ヤフー映画)

 

ジョン・ウーの香港映画にも通ずるところがあるアクションもの。

この時代にこれほどスタイリッシュでバイオレンスたっぷりな作品が生み出されたのは奇跡としか言いようがありません!

アウトローたちの生き様と立ち回り。西部劇の中でも異彩を放つ作品です!

まとめ

他のジャンルの映画にはない魅力に溢れた西部劇。

正直ゲームだけでちょっと満足しちゃった感がありましたが、西部劇映画があってこその『レッド・デッド』シリーズ!

過去の名作を観返すのもまた面白いものです!

以上!!!

するめ
最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitter(@movie_surume)も始めたのでバンコクについて聞きたい方いましたら、ガンガンDM飛ばしてきてくださいw

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でmovie_surumeをフォローしよう!

おすすめ記事

コメントを残す