ピクサー映画おすすめランキングBEST10!!

ピクサーアニメーションは『トイ・ストーリー』から始まり最新作の『リメンバー・ミー』までこれまで19作品が生み出されてきました!

ピクサーの凄さは制作する映画のほとんどが当たりだということ。これほど名作を作り続けるパワーはドリームワークスもディズニーもジブリも敵わないと思っています!

最近だとイルミネーション(『ミニオンズ』『シング』などを製作しているアニメ会社)も徐々にピクサーに迫ってきているような気がしますが、やはりピクサーだけはちょっと特別感がある気がしますね。

そこで今回はピクサーが製作した19の作品の中から厳選した10本をランキング形式でご紹介していきましょう!

<スポンサーリンク>

第10位『カーズ2』

大ヒットしたシリーズ2作目。

東京を始めとする世界各国で行われるレースとその陰に潜む陰謀にマックイーンとメーターが巻き込まれていきます。

結構好きなのにあまり評価されていないのが残念!面白いと思うんだけどなぁ…。

とにかく車だけになった東京の世界を観てほしい!日本ならではの文化とかちょっと変なところが車世界に置き換えられて、最高に可笑しい!スパイとして活躍するメーターにも注目です!

ちなみに続編の『カーズ/クロスロード』は今回は圏外になりました。

第9位『ウォーリー』

地球の未来を考えさせられるSF映画。

未来の人間の姿がちょっと怖い。子供の時彼らの姿が怖くてトラウマになった記憶が…。

それが原因でそんなに好きじゃなかったけど、大人になってみるとこの映画が持つメッセージ性の強さに気づかされますね。

地球が抱えている問題とかディストピア的未来を上手に子供向けアニメに落とし込んだ、さすがピクサーと言うべき作品です!

第8位『モンスターズ・ユニバーシティ』

『モンスターズ・インク』より前のストーリーなので、前作を観ていなくても楽しめるものの絶対に『モンスターズ・インク』を観た後でこの映画を観ることをおすすめします!

アメリカの大学生活で重要な「サークル」が欠かせないキーワードになっていて、ジョン・ランディスの『アニマル・ハウス』を思わせる作品です。

最初は犬猿の仲なマイクとサリーも次第に『モンスターズ・インク』で見せてくれた愛すべきbestコンビになっていってくれます!

第7位『カーズ』

人間や動物などの生き物がいなくなり、車しか存在しない奇抜な設定を持つ作品。

人間がいないのに車はどうやって生まれてくるんだろう?という謎が残りますが、世界観に負けない作品になったのはピクサーだからこそでしょう!

なんかいかにもアメリカ人が好きそうな映画ですよね?ラジエータースプリングスの埃っぽい、かつての栄光を感じる雰囲気が最高に大好きです!

今は亡きポール・ニューマンが主人公の師匠になるハドソン・ホーネットの声を演じている名キャスティング!2以降から魅力が半減してしまったのは彼がいないからかもしれませんね。

第6位『レミーのおいしいレストラン』

高級料理店と料理好きなネズミ。不潔な生物の代表格ともいえるネズミを料理好きに設定するピクサーの天才的思考。

ネズミのレミーが人間の言葉を喋らないのがまた良いところ。ディズニーだったら絶対に喋って歌いだすのに。

なので料理下手な人間の料理人リングイニはレミーに料理を手助けされるも、レミーという名前すら知らないんです(リングイニはレミーのことをリトルシェフと呼ぶ)。

登場する料理もすべてが美味しそうでラストのラタトゥイユなんか野菜嫌いなのにヨダレが出てくるほど!

しかしながら邦題が気に食わないピクサー映画ランキングがあったらNO.1。

原題は『Ratatouille(ラタトゥイユ)』でレミーの作る料理とネズミ(Rat)をかけた気の利いたタイトルなのに邦題は直球すぎ。英語だからこそ伝わるタイトルだから変更は仕方ないとしても、もっと良いタイトルはなかったのかな…。

第5位『ミスター・インクレディブル』

ピクサー版『ウォッチメン』的な映画。

スーパーヒーローがとある問題により廃止され、引退を余儀なくされたかつてのヒーローたちがテーマなのは『ウォッチメン』そのもの。

映画『ウォッチメン』は結構難解で大人向けなヒーロー作品だけど、こちらは子供向きに作り直されています。

子供向きながら『ウォッチメン』に引けを取らない、むしろ『インクレディブル』の方が面白いんじゃないかってくらいクオリティーが高い!

悪役のシンドロームを演じる宮迫さんの演技がかなり良く、オリジナルよりも吹き替えの方がしっくりくるほど!なので大人の方でも吹き替え版を推奨しています!

第4位『インサイドヘッド』

この辺からはピクサー好き、アニメ好き、映画好き関係なく老若男女すべての方に観てほしい作品です!

日本だと同時期に公開された『脳内ポイズンベリー』が同じような内容でしたが、私は断然『インサイドヘッド』の方が面白いと思います!

感情(ヨロコビ、カナシミ、ムカムカ、イカリ、ビビリ)を擬人化させて見せるピクサーのセンス!面白さももちろんのこと、内容がめっちゃ深い!変に説教臭くなるわけでもなく、様々な教訓を教えてくれる映画ですね!

第3位『リメンバー・ミー』

ここで最新作がやってきました!観た方は分かると思いますが、ピクサー映画最高傑作と言う人がいても良いほど素晴らしい作品です!アカデミー賞受賞したことに文句がある人は誰もいないでしょう!

音楽、脚本、アニメーションのすべてが揃っていて、カラフルな死者の国とユーモア溢れるキャラクター達。

もうすべてのレベルが高すぎて2018年ベスト映画になることはほぼ間違いないと思います!

まだ観ていない人はぜひ劇場に足を運んでください!値段以上の価値があるのは確実です!

第2位『モンスターズ・インク』

他のどんなピクサー映画よりも世界観が好き!人間の悲鳴を集めてエネルギーにするモンスターたちを描こうなんて考えた人は天才でしょ(笑)

しかも、マイクとサリーのコンビがめっちゃ良い!バズとウッディーといい勝負できるのはこの二人しかいませんね!

ストーリーも完璧で、ラストの切なさとあのフワッとした終わり方。文句の付け所が見つからない最高レベルの映画です!

第1位『トイ・ストーリー』

すみません、1位だけはシリーズということにしてください(笑)『トイ・ストーリー』は小さい頃から観ていたので思い入れが強すぎて『トイ・ストーリー』と一緒に成長したと言っても過言ではありません!

もうね、キャラクターもストーリーも音楽も何もかも最高!大人になってたくさん映画を観るようになった今でもこれほどまでに完成度の高い作品はなかなか出会えないですね。

何だかんだで第1作目が一番面白いけど、3で綺麗に完結しているのが良いところでもあります。

『リメンバー・ミー』と上位2つの違いはやっぱキャラクターですね。ミゲルとヘクターもいいキャラなんですが、バズとウッディーとかマイクとサリーには遠く及びません。

『トイ・ストーリー』は定番中の定番なので観ている人がほとんどだと思いますが、まだ観ていない方は今すぐTSUTAYAにダッシュして借りに行きましょう!

『トイ・ストーリー4』新キャラクターやストーリーをまとめてみた

03/24/2019

まとめ

やっぱピクサーはいいですね!ディズニー傘下の子会社ではあるんですが、最近はピクサーの方が当たりが多い気がします。

残念ながらランキング圏外になってしまった『ファインディング・ニモ』とか『カールじいさんの空飛ぶ家』とかも普通に面白いのでぜひ観てみてください!


 

こちらの記事もぜひ!

刑務所を題材にしたオススメ映画8選!

【隠れた名作】マイナーだけど最高に面白い映画8選!

全世界興行収入ランキングベスト10!売れてる映画は面白い!?

衝撃的すぎ!どんでん返しが秀逸な映画8選!

【最恐】めちゃくちゃ怖いホラー映画8選!

カッコよさ半端ない!ジョニー・デップ出演オススメ映画8選!


<スポンサーリンク>

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でmovie_surumeをフォローしよう!

おすすめ記事

コメントを残す