ドラマ『ミズ・マーベル』6話ネタバレ感想&ラスト考察 重要なのは誰が能力を使うかである

スルメ
どーも、スルメです

ついに最終回を迎えた『ミズ・マーベル』

賛否は分かれそうなところですが、MCUドラマとしては、かなり挑戦的なことをした作品でした。

ドラマ開始前から、『ザ・マーベルズ』に登場することが決まっているので、どのような終わり方で自作に繋げていくのか……。

その辺に注目して、以下感想。

 

※この記事はMCUおよび、マーベル作品すべてのネタバレが含まれています

 

『ミズ・マーベル』4話

あらすじ

アメリカへと戻ったカマラは、ブルーノとカムランがピンチであることを知ります。両親にも認められ、新しいスーツももらったカマラは、ふたりを助けに行きますが、そこにはダメージコントロール局が。

学校へと逃げ込んだ3人は、仲間たちと合流し、ダメージコントロール局と戦っていくのですが……。

ディズニープラスで視聴する

Disney+ (ディズニープラス)

今回レビューする『ミズ・マーベル』はDisney+(ディズニープラス)にて見放題で配信しています。

Disney+(ディズニープラス)ではほとんどのディズニー作品やマーベル&スターウォーズなどの作品を見放題で配信中。

今作のようなオリジナル映画やドラマなど、ここでしか観られない作品も多くあります。

はじめて利用する人なら無料期間もあるので、追加料金なしでオリジナルドラマや映画を楽しめます!

詳しくは以下のサイトをチェック!

 

↓無料体験実施中↓

 

『ミズ・マーベル』6話 感想

詰め込みすぎじゃね

50分ほどの時間の中に、詰め込まれたものは、

  • ミズ・マーベルスーツのお披露目
  • 親友との仲直り
  • ダメージコントロール局との戦い
  • カムランの暴走
  • カムランの帰還
  • 大団円
  • ミズ・マーベルの誕生
  • 次回作(『ザ・マーベルズ』)への布石

と、ドラマ1話とは思えないほどの詰め込み模様!当然、駆け足感は否めないし、不満も結構あったりします。

特にカムランの心情の変化は、もう少し深く描くべきでした。彼にはカマラへの恋心と、母親を失ったことの喪失感。さらにはダメージコントロール局への怒り、突如能力を持ったことへの焦り。そして、自分の命を助けるのが敵対しているレッドダガ―。そんな感じで、彼はMCU史上でも稀にみる複雑な精神状態にあります。

これだけの要素を詰め込んだカムランというキャラクターにかける時間が短すぎる。

「スピード感半端ない」

カマラはタイムトラベルまでして、自身のルーツを見つけてきたのに、カムランはササっと終わらせる。なんなら、カマラと本格的に敵対する展開にもできたのですが、時間が足りませんでしたしね。

 

カマラの親友・ナキアについても、一瞬で仲直り。カマラに命を助けられたゾーイなんて、「なんで深夜に学校いるんだよ!」って話ですからね。周囲の人間たちも一瞬でカマラを受け入れるし、コミュニティがあるとはいえ、不自然ではあります。とにかく、やるべきことはダダっと終わらせて、急いで完結させた印象を受けました。

結局、腕輪の謎も明らかになりませんでしたし、これは『ザ・マーベルズ』に引き継ぐことになるようです。おそらくクリー人が手にしていたモノなので、宇宙であれやこれやするのでしょう。

第6話は正直微妙なエピソードでしたが、『ミズ・マーベル』というドラマを通してみると、かなり挑戦的な内容でした。ジョン・ヒューズ感全開のスクールドラマから始まり、ムスリムコミュニティの物語を描き、ついにはパキスタンまで進出。ポップな演出を反映したかのような、カマラの能力もビジュアル的に楽しいですし、締め方以外は楽しく継続できたドラマだった……かな?

考えたい今後のこと

さて、次にカマラが登場するのは『キャプテン・マーベル』の続編、『ザ・マーベルズ』です。これはドラマ開始前から発表されていたことでしたが、最終話のラストには、カマラと入れ替わる形でキャロルが登場。自身の写真や絵が飾られるオタク部屋に、少し困惑した様子でした。

キャロルが直前までどこにいたかは定かではありませんが、カマラが宇宙に移動したとするならば、これまで以上の脅威に巻きこまれることになりそう。宇宙といえばニック・フューリーも活動の拠点としてますし、『ザ・マーベルズ』にはモニカ・ランボーも登場。カマラのさらなる活躍が楽しめるでしょう。

関連記事

『スパイダーマン ファー・フロム・ホーム』が公開されて以降、MCUには大きな謎が放置されたままだ。ニック・フューリーはどこで何をしているのだろう?今回はそんな疑問に対する私的な考察を書いていきたい。当然ながら、MCU[…]

 

とはいえ、僕が気になる問題は腕輪やキャロルの点ではありません。

僕はこのドラマを観ていて、カマラやカムランなど新しい能力者に対する描き方が、『X-メン』のそれだなと思ったんですよ。問答無用で能力者というだけで敵視されるとか、偏見があるとか、カムランの「まともに生きられない」の言葉とか、どことなく『X-メン』の香りを感じ取ったのは僕だけではないはず。

そんな中で、ブルーノの口から衝撃的な事実が明かされました。それはカマラが“突然変異”だということ。MCUではなかなか登場しない言葉ですが、ミュータントを暗に意味していることは明らかですよね。

そして、アニメ版『X-MEN』オープニングのアレンジがBGMとして差し込まれる演出も完璧。ぜひ下記の動画を観て、もう一度『ミズ・マーベル』を観なおしてほしい。

そんな感じで、ようやく『X-メン』の合流も見えてきたMCU。この流れでいくと、カマラもミュータントということになり、「X-メン」への加入も考えられるはず。

ただ、現時点ではミュータントに該当するキャラクターがいないんですよね。ほとんどのヒーローが後天的に能力を身につけていて、カマラのように先天的に“突然変異”と明言されたキャラクターはいません。しかし、まだ我々に“紹介”されていないだけで、実は歴史の裏で暗躍していたという「エターナルズ」のような展開にできなくもない……か。

もしその手段を使うならば、説得力を持たせてほしいところ。サノスが一度人間を消滅させたことで、“なにか”が起きてしまったと理由づけることも面白そうですが。

最後に

シリーズがさらにさらに広がっていくMCU。

しかし、『ソー ラブアンドサンダー』が微妙だったこともあって、ちょっと熱が冷め気味。

次に観られるのは『シー・ハルク』なんですが、ちょっと過剰にMCUが供給されすぎてるなと。

……嬉しいけど。

 

以上。


『ソー ラブアンドサンダー』の感想はこちら

関連記事

スルメどーも、スルメです今回はMCU最新作『ソー ラブ・アンド・サンダー』の感想です。この映画、タイカ・ワイティティ監督であることはもちろんのこと、ガーディアンズの面々が登場することに魅力を感じていまして。[…]