【2020年】映画ブロガーが見つけた超面白い映画ランキング101【邦画も洋画もアニメも】

19位~6位

 

長かったランキングもついに終盤戦。

もう疲れました。徐々に紹介文雑になってきてない?大丈夫?

 

気合を入れ直して、一気に6位まで行きましょう!

 

19位 ラ・ラ・ランド

何度もオーディションに落ちてすっかりへこんでいた女優志望の卵ミア(エマ・ストーン)は、ピアノの音色に導かれるようにジャズバーに入る。そこでピアニストのセバスチャン(ライアン・ゴズリング)と出会うが、そのいきさつは最悪なものだった。ある日、ミアはプールサイドで不機嫌そうに1980年代のポップスを演奏をするセバスチャンと再会し……。

ヤフー映画

 

やっとたどり着いた境地

 

過去には名作ミュージカル映画が多く作られていますが、その中でも輝いてるのが本作。

なぜ作品賞を獲得できなかったのか。未だに納得のいかない作品の一つでもあります。

 

本作はiPhoneもあるし、現代が舞台なのに50年~60年代ミュージカル映画の雰囲気を踏襲しているんですね。

過去の名作たちの影響を受けて、ついにたどり着いたミュージカルの境地のような映画です!

冒頭から映画の世界に引き込む演出もさすがだね。

 

 

18位 マッド・マックス 怒りのデスロード

資源が底を突き荒廃した世界、愛する者も生きる望みも失い荒野をさまようマックス(トム・ハーディ)は、砂漠を牛耳る敵であるイモータン・ジョー(ヒュー・キース・バーン)の一団に捕らわれ、深い傷を負ってしまう。そんな彼の前に、ジョーの配下の女戦士フュリオサ(シャーリーズ・セロン)、全身白塗りの謎の男、そしてジョーと敵対関係にあるグループが出現。マックスは彼らと手を組み、強大なジョーの勢力に戦いを挑む。

ヤフー映画

 

ヒャッハー!できる映画

 

小難しい考えはすべて捨てて、イカれた世界にどっぷり浸かれますw

電気自動車?ナニソレ?ってくらいのガソリンと砂ぼこり全開!「そのギター意味あるの?」とか野暮なことは言えません!

これがアカデミー賞6冠獲ったからなぁ。凄すぎるよ。

 

ちなみに監督のジョージ・ミラーはこの映画を作る前まで、『ハッピーフィート』や『ベイブ』などのホッコリ系映画を作ってましたw

なんか色々溜ってたのかな?過去作は否定しないけど、遠慮なく作りたいモノを作った感じはするよね。

 

 

17位 ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

「アベンジャーズ」のスタジオが贈る。全員お尋ね者たちの宇宙最凶チームが、宇宙を救う為に立ち上がる、アクション・アドベンチャー超大作誕生

Filmarks

 

何もかもが俺好み!!

 

スペースオペラといえば『スターウォーズ』や『スタートレック』などを挙げる人が多いでしょう。

でも私は『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』を推します!

この映画の登場は、これまでのスペースオペラを蹴散らした。監督のセンスが光り過ぎている映画です。

 

特に80年代辺りの懐メロを起用したのがヒットの理由かなと。

私は90年生まれなんですけど、どことなく懐かしい雰囲気は伝わってきます。

そしてグルートやスターロード、ロケットをはじめ、キャラクターが濃すぎる!
「アベンジャーズと共演して大丈夫か??」って心配になるレベルでしたねw

結果は上手くやってましたけれども。

 

 

16位 パルプ・フィクション

カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞したクエンティン・タランティーノ監督のクライム・ストーリー。二人組のギャングや強盗を計画するカップル、八百長ボクサーなどさまざまな登場人物が行う犯罪がやがて交錯していく。

Filmarks

 

タランティーノの最高傑作!!

 

これに異論を唱える人は少ないでしょう!第二作目にして、最高の映画を作ってくれましたよ。

『レザボア・ドッグス』同様に時系列をいじって、視点も変えていく。

そうすると徐々に映画の中で起こっている出来事が判明する……という構成。

 

下手すると余裕で失敗する、観客にとって不親切な映画になりそうなのに、タランティーノは見事に組み上げています。

元々映画オタクだったタランティーノだからこそ、制作できた作品なんじゃないかな。

 

タランティーノ監督作品を詳しく紹介した記事も参考にどうぞ!

関連記事

クエンティン・タランティーノ彼はハリウッドを代表するシネフィルであり、超高速で出世していった天才映画監督です!でもタランティーノの映画って観る人を選ぶというか、バイオレンスな表現がかなり豊富なので嫌いな人は嫌いですよね。[…]

 

15位 羊たちの沈黙

若い女性を殺害しその皮を剥ぐという猟奇事件が続発。捜査に行きづまったFBIは、元精神科医の殺人鬼ハンニバル・レクターに示唆を受けようとする。訓練生ながらその任に選ばれたクラリスは獄中のレクターに接触する。レクターはクラリスが、自分の過去を話すという条件付きで、事件究明に協力するが……。

ヤフー映画

 

映画史上最恐の悪役が誕生

 

わずか数十分の出演にも関わらず、主演男優賞を受賞したホプキンス。演じたのは食人鬼・レクターです。

もう目が怖いよねw 完全に犯罪者に見えてしまう表情をするんです。

そうなるとホプキンスも悪役が板につきそうだけど、厳しい父親役やローマ法王役も演じるからね。
どれだけ器用なんだと。それが一流の俳優なのか。

 

と、レクターばかりに目が生きそうですが、主人公のクラリスを演じたジョディ・フォスターもキャリア随一の名演技を見せています!

ホラーだからと観てこなかった人にも勧めたい作品です。

14位 十二人の怒れる男

17歳の少年が起こした殺人事件に関する陪審員の討論が始まったが、誰が見ても有罪と思えたその状況下で、ひとりの陪審員が無罪を主張した事から物語は動き始める……。

ヤフー映画

 

会話劇の決定版!

 

このランキングにも『キサラギ』だの『12人の優しい日本人』を挙げてきましたが、結局はここに戻ってきちゃう。

白黒映画ですが脚本が面白いので、あまり気にせず観てほしいですね。

 

 

13位 フルメタル・ジャケット

ジョーカー、アニマル・マザー、レナード、エイトボール、カウボーイ他、新兵たちは地獄の新兵訓練所ブートキャンプに投げ込まれ、残忍な教官ハートマンによってウジ虫以下の扱いを受けていくのだった。

Filmarks

 

微笑みデブのネーミングセンスw

 

前半は厳しい訓練の様子、後半は現地での任務の様子。結局どちらも辛いというw

前半部分に微笑みデブと呼ばれる兵士が登場するのですが、コイツがもう愛すべきキャラで。

ニヤついた顔は誰しも真似したくなりますね。

 

 

12位 素晴らしき哉、人生!

『或る夜の出来事』のフランク・キャプラ監督の名作。1945年のクリスマスイブ。住宅金融会社を経営しているジョージは度重なる不運で自殺しようとするが、そこへ天使が現れ、ジョージがいなかったときの世界を見せる。

Filmarks

 

クリスマスにはこれを観ろ!

 

クリスマス映画と言えば?の問いに対して、最初に名を上げる本作。

キャプラとジェームズ・スチュワートのコンビで送る、超名作ヒューマンドラマです!

ストーリーは「クリスマスキャロル」に近いかな?人生に絶望した男が、天使によってifの世界を見せられる流れとか。

クリスマスが舞台なんでファンタジー要素が絡んでも、そこまで違和感はありません!

 

まさにタイトル通りの映画なんですよね。

生きてるって素晴らしい!!と思わせてくれる作品です。

 

 

11位 情婦

金持ちの未亡人を殺した容疑をかけられたレナード(パワー)は、老齢ながらロンドンきっての敏腕弁護士ロバーツ(ロートン)に弁護を依頼。だが“検察側の証人”として法廷に立ったレナードの妻クリスティーネ(ディートリッヒ)から、思いもかけない証言が発せられた……。

ヤフー映画

 

注意・ネタバレはしないでください

 

法廷劇であり、脚本が非常に練り込まれた作品。

エンドロール中に「ネタバレしないでね!」との注意書きが登場します。これ1950年代の映画ですからね。

どんでん返し系の映画を多く観てきたけども、これに勝るものはなかったかなぁ。

 

 

10位 天国と地獄

エド・マクベインの小説が原作。黒澤明監督、三船敏郎主演のサスペンス。息子と間違えて誘拐された運転手の息子・進一のために身代金を用意した権堂。進一は助かったが誘拐犯を捕まえるため刑事たちが奔走する。

Filmarks

 

特急こだまに乗れ!!

 

こだまで身代金を受け渡す名シーン。あのスピード感は他のサスペンスでは、なかなか観られないね。

黒澤明は時代劇の監督ともいえますが、現代劇も名作が多いんです。

天才は何作っても上手いんだなぁ、これが。

 

 

9位 トイ・ストーリー

カウボーイ人形のウッディは、アンディの一番のお気に入り。ところが、アンディの誕生日に最新式のスペース・レンジャー、バズ・ライトイヤーが現れて、ウッディの主役の座が奪われそうに。張り合うウッディとバズは、ひょんなことからオモチャいじめが趣味の少年シドに捕まってしまい、大ピンチ!脱出作戦で力を合わせて頑張るうちに、やがて“友情の絆”が芽生えていく、大人から子供まで楽しめる究極のエンターテイメント作品。

Filmarks

 

無限の彼方へ……

 

これ世界初のフルCG長編アニメなんですよ。技術だけでなく、中身も面白いってどうかしてるぜ!

結局のところ「大人も子供も楽しめる」って映画が最強だと思っています。

よく見ると他作品のオマージュがふんだんに盛り込まれているのもポイント。

 

本当に幼いときから慣れ親しんでいる作品だし、特別な想いがあるのも事実。

でも子供の頃と変わらず、トイストーリーを楽しめることに感謝したい!

あの頃「すごく面白い!」と感じた気持ちを20年経った今でも保ち続けてるって、凄いことだと思うんだよね。

だって「しまじろう」とか「アンパンマン」とか10代になったら真剣に観られないじゃん?

その点『トイ・ストーリー』なら、たぶん60歳になっても真剣に観られると思うのよ。

 

そしてピクサーはいまやディズニーに欠かせない会社になりました。

監督のラセターさんはme tooのアレで退社してしまったけども。

 

 

8位 シェフ 三ツ星フードトラック始めました

一流レストランの料理人カール・キャスパー(ジョン・ファヴロー)はオーナー(ダスティン・ホフマン)と衝突。創造性に欠ける料理を作ることを拒み、店を辞めてしまう。マイアミに行ったカールは、とてもおいしいキューバサンドイッチと出会い、元妻(ソフィア・ベルガラ)や友人(ジョン・レグイザモ)、息子(エムジェイ・アンソニー)らとフードトラックでサンドイッチの移動販売を始めることにする。

ヤフー映画

 

究極の飯テロ映画!!

 

登場する料理すべてが美味そう!

日本でギリギリ食べられないくらいの料理ばっかりだから余計にね。キューバサンドとか出す店あるのかな?

私の一番好きな料理シーンはスカーレット・ヨハンソンにパスタを作るところ。

何度も真似してアーリオオーリオを作ったものです。

 

たぶん人生で1番か、2番目に多く観た映画じゃないかな。

Netflixで配信が始まってから、ほぼ週一回ペースで観ているのよ。ご飯中のBGM代わりとして。

だからセリフも覚えているし、ジョン・ファヴローも他人とは思えなくなってきちゃって。

 

 

7位 ダークナイト

ゴッサム・シティーに、究極の悪が舞い降りた。ジョーカーと名乗り、不敵に笑うその男は、今日も銀行強盗の一味に紛れ込み、彼らを皆殺しにして、大金を奪った。しかし、それは彼が用意した悪のフルコースの、ほんの始まりに過ぎなかった…。

Filmarks

 

もはやアメコミ映画の枠を超えてる

 

このシリーズの影の立役者は、ゴードン警部を演じたゲイリー・オールドマンだと思うの。

そりゃあヒースもベイルも凄いけども、私はオールドマンに注目したい!

物凄い演技力を持っていながら、メインのキャラクターを決して邪魔しない。彼をゴードン警部として使うなんて、贅沢すぎるよ。

何気にアルフレッドもマイケル・ケインだし、フォックスもモーガン・フリーマンなんですよね。

脇を名俳優たちで固めたからこそ、このダークナイトシリーズの成功があったといっても過言ではない!!

 

 

6位 タイタンズを忘れない

1971年、バージニア州。とある町で白人の高校と黒人の高校が統合されることになる。その結果、両校にそれぞれあったフットボール・チームも1つに統合されることとなった。人種差別が根強い地元住民が反発するなか、アメリカ初の人種混成チームが誕生、さまざまな苦難を乗り越え、チームはひとつにまとまっていく……。

ヤフー映画

 

アメフトのルールは知らないけど……

 

基本的にはスポーツを題材にした映画って好きになれないんですね。

チームワークとか、私自身に協調性がないから共感もしにくいし。

でも本作だけは別。人種差別と偏見を乗り越えた先にあるチームワークと絆。

「人種差別ダメ」なんて簡単には言いませんが、単にエンターテインメントとしても楽しめるのよ。

 

 

ランキング5位~1位

 

とうとう上位5作です!ここからはガチで人生変えた系映画。

映画の内容で人生変わることはないんだけど、面白すぎて好きなジャンルが変わるってことは大いにあるからな~

ここにある5作を観なかったら、少なくとも世界線は変わるはず。

 

5位 レオン

 

孤独な殺し屋・レオンと、身寄りのない少女・マチルダ。
二人の境遇は異なるものの、お互いに通じるものを見出し、徐々に関係を深めていく。

 

ナタリー・ポートマンの衝撃。この少女が後にアナキンのお嫁さんになるの!?

ゲイリー・オールドマンのイカれた演技。この男が後に優しいシリウスになるの!?

ジャン・レノの表情で語る演技。この男が後にドラえもんになるの!?

 

はい、いろいろ衝撃が大きい俳優が勢ぞろい。

レオンとマチルダの関係性が本作のキモで、殺し屋の仕事はあまり関係ありません。

 

子供のようなレオンに萌えてください。

着々と迫ってくるスタンスフィールドに震えてください。

そして壮絶なラストに泣いてください。

 

 

4位 タクシードライバー

 

不眠症により夜はタクシードライバーとして働く男・トラヴィス。
数々の”汚いこと”にまみれた街を駆けまわるが、次第に過激な思想を持ち始める。

 

2019年に大ヒットした『ジョーカー』にも通じるところがある映画です。街の雰囲気はタクシードライバーそのものでした。

人間は何がきっかけで別の道を歩み始めるか分かりません。トラヴィスの場合は戦争だったり、少女との出会いだったり。

かなりリアルに描かれているから、問題作と呼ばれるのも納得。

この映画を観てジョディ・フォスターをストーカーした人間まで出てきたほどですし。

 

この映画を初めて観たのは高校性の時。当時はデニーロの演技に痺れて、即Blu-rayを購入しました。

それから歳を取っていくごとに、トラヴィスの行動の理由を理解し始めてゾクゾクした思い出が。

その過程も含めてこの順位なのであります。

 

 

3位

 

 

時計じかけのオレンジ

 

暴力や犯罪を仲間たちと共に楽しんでいるアレックス。
そんな彼は逮捕をきっかけに模範的な人間に洗脳されてしまう。

 

好きな映画に「時計じかけのオレンジ」を挙げると、「は?」みたいな顔をされることがありますw

それで馬鹿にされるような風潮がありますけど、良いじゃない。好きなんだから!

人によっては「玄人向け」という印象を持っているかもしれませんが、全然そんなことはない。

私が最初に観たのも映画にハマってすぐだったし。

 

とにかく衝撃的でぶっ飛んだ映画だなと。

早回しのインアウトシーンや、歌ながら踊りながらの犯罪。そしてラストのアレックスの表情。

どこを切り取っても地上波では放送できなそうですね。

ヌードが多めなんで、気まずい相手とは見ない方がよろしいかと。

 

 

2位

 

 

七人の侍

 

偶然聞いた野武士の会話。「刈り入れ時になったら村を襲おう」
自分たちでは到底野武士に対抗できない百姓たちは、街に出て侍を雇うことになる。

 

これほどエンターテインメントに特出した邦画は今でも生まれていないと思ってます。

言葉や文化の壁を超えて、スクリーンにくぎ付けになった人も多いことでしょう。

3時間半あるめちゃくちゃ長い映画でも、ほとんど時間を感じない。1秒も気が反れることなく、最後まで観ていられます。

 

何が面白いってアクションもそうだけど、サムライと百姓の描き方だよね。

当初はサムライを恐れて家に引き籠ってしまった百姓も、菊千代の機転で徐々に馴染み始める。

そして守られるはずの百姓もね。本当に卑怯な奴らなんだ。
戦が起きたら落ち武者狩りするし、米も酒も色んな所に隠すし。

それでも連携を取って野武士をやっつける。お互い普通なら仲良くなるはずもないのに。

 

このエンターテイメント大作は海を越えて、世界中で親しまれています。

アメリカでも本作をリメイクした作品が生まれたけど、やっぱりオリジナルには敵わない。

 

 

1位

 

 

バック・トゥ・ザ・フューチャー

 

あれ?定番すぎました?

もはやあらすじを紹介することも野暮ですね。ほとんどの方は観たことあると思いますし。

でも結局は『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を超える映画は見当たりません!

 

だってタイムスリップですよ?しかもデロリアンで。

ジョニーBグッドやっちゃうんですよ?1955年なのに。

今のところ『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を嫌いって人、観たことないんですよねw

もし、いらっしゃいましたらコメントでも何でもいいんで、連絡ください。否定は絶対しないけど、理由を聞きたいです。

 

まとめ

かなり力を入れて書きました!

これが私のオールタイムベスト101です!!

そして人にオススメしたい映画ランキングでもあります。好きな映画は誰かに観て欲しいからね。

ぜひ暇なときにでも参考にしていただければ幸いです!

 

以上!!!

新作映画はU-NEXTで無料視聴


U-NEXT登録で新作映画が無料に
映画やドラマ、アニメなど膨大な作品数を誇るU-NEXT。初めての登録なら31日間無料で使えて、新作映画で使える600円分のポイントがもらえます。無料期間内に解約すれば利用料金はいっさい発生しません。当ブログではU-NEXTを無料で使い倒す情報を発信してます。登録・解約方法に関しては以下の記事を参考にしてください!